\ フォローしてね /

『SAI』で絵を描こう! レイヤー機能の使い方 その2

『SAI』の基本的なレイヤー機能の使い方についてご紹介いたします。この記事で紹介するのは、

  • レイヤーを分けた色塗り方法
  • レイヤーの名前を変更する
  • レイヤーセットを作成

以上です。

今回の記事は、下記の記事の続きになります。
『SAI』で絵を描こう!レイヤー機能の基本的な使い方
本記事は、2012年にSAI Ver.1.1をもとに執筆されたものです。

STEP1:レイヤーを分けた色塗り方法

前回、線画まで完成させたこちらの絵ですが、今回の記事のために地塗りというものをしました。

基本的に、こちらの記事の方法の繰り返しです。
初心者向け SAIでイラストをきれいに塗り潰す方法

パーツごとに新規レイヤーを作って、色を塗り分けてください。

STEP2:レイヤーの名前を変更する

レイヤーがたくさんあると、どのレイヤーがどのパーツだかわからなくなることがよくあります。サムネイルを見てもわかりずらい場合、レイヤーの名前を変更することで作業の効率が良くなります。

STEP2-1:レイヤーの名前をダブルクリック

レイヤーウインドウで、レイヤーの名前をダブルクリックすると、名前変更用のウインドウが出てきます。

STEP2-2:レイヤーの名前を入力

出てきたウインドウに新しい名前を入力して、『OK』のボタンかエンターキーを押します。

レイヤーの名前が変わりました。

他のレイヤーも名前を変れば、レイヤーの管理をしやすくなります。

毎回レイヤーの名前を変更するのは面倒に思えるかもしれませんが、一度設定しておけば後から「あれ?あのレイヤーどこだっけ?」なんて探すのに手間取ったりしなくなりますので、トータルで見て作業効率の節約になります。

STEP3:レイヤーセットの作成

レイヤーセットとは、レイヤーをフォルダ内にひとまとめにする機能です。レイヤー数が多くなってくると管理も大変になりますので、似たようなレイヤーはレイヤーセットにしてしまいましょう。

STEP3-1:レイヤーセットの新規作成ボタンを押す

レイヤーセットの新規作成ボタンを押します。すると現在選択中のレイヤーの上に、フォルダのかたちをしたものが追加されましたね。

これがレイヤーセットです。

STEP3-2:まとめたいレイヤーをドラッグ&ドロップ

ひとつにまとめたいレイヤーを、レイヤーセットの上にドラッグ&ドロップします。

『毛』のレイヤーが、レイヤーセットの中に入りました。他の色を塗ったレイヤーも、レイヤーセットの中にまとめます。

STEP3-3:レイヤーセットの開閉

フォルダのアイコンをクリックすると、レイヤーセットを畳むことができます。これでレイヤーウインドウがスッキリしました。

レイヤーセットも、レイヤーと同じ方法で名前を変えることができます。

レイヤーセットにまとめたレイヤーは、まとめて表示非表示の切り替え移動ができるので、とても便利です。

おわりに

今回はここで終了となります。下書き→線画→地塗り…と進みましたので、次はイラストのクオリティを上げるために、簡単な影の付け方をご紹介します。

SAIのダウンロードはこちらから。
Easy Paint Tool SAI

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。