1. 料理
    2. 冷蔵庫でバナナを保存する方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    冷蔵庫でバナナを保存する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    『バナナは常温保存で。冷蔵庫での保存は厳禁』

    バナナを常温で保存しておくと、思った以上に早く熟してしまって表面が真っ黒になってしまったり、中身が熟しすぎてしまった…なんて経験はありませんか?

    バナナの常温保存は“鉄則”とも考えられていますが、ここではあえて、厳禁とされている『冷蔵庫での保存』をご紹介したいと思います。

    常温で保存した時よりも、熟成がゆっくりになり、長い間バナナを味わうことができます

    用意するもの

    • バナナ
    • ティッシュ 数枚(バナナを覆えるくらい)
    • バナナを入れられるくらいの大きさのビニール袋

    やり方

    STEP1

    バナナをティッシュで覆うようにくるみます。

    バナナが包装されている場合は、包みを外して下さい

    STEP2

    ティッシュでくるんだバナナを、ビニール袋に入れます。

    STEP3

    冷蔵庫に入れます。

    おわりに

    この方法で、約1週間程度は保存可能かと思います。

    ゆっくりとではありますが、熟成はしていきますので、味もだんだんと美味しくなってきます。

    なお、日数が経つにつれ、バナナの皮全体が茶色っぽくなってきますが、中身はしっかりとしています。また、ティッシュもだんだんと湿ってきますが、取り換えも不要です。

    「バナナは買いたいけど、すぐ余らせて黒くさせてしまうし…」

    という方、一度試してみてはいかがでしょうか。

    (Photo by http://www.ashinari.com/2012/07/03-364602.php)

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人