1. 趣味
    2. 簡単かわいい!ボックスティッシュカバー・ティッシュケースの作り方

    簡単かわいい!ボックスティッシュカバー・ティッシュケースの作り方

    nanapi

    どこの家にも大抵あるBOXティッシュ。すぐに手の届く場所に置いておくと便利ですが、「手の届く場所=目に付く場所」であることも。そこで、お部屋の雰囲気に合ったカバーをかけてみてはいかがでしょうか?

    ここでご紹介するカバーは、直線縫いとボタン付けだけでできてしまう簡単なものです。いつも目に付くものだからこそ、気に入った布があったらぜひお試しください!

    用意するもの

    • 布 薄い箱用(箱の厚さ約5cm):36cm×70cm、または、厚い箱用(箱の厚さ約9cm):42cm×82cm
    • ボタン:2つ
    箱の厚みによって用意する布の大きさが違います。写真は厚い箱用です。
    裏表で違う布を使えば、リバーシブルにすることもできます。その場合、布の大きさは36cm×36cmを2枚(薄い箱用)または、42cm×42cmを2枚(厚い箱用)にします。

    ティッシュカバーの作り方

    STEP1:半分に折って縫う

    布を中表に半分に折り、外側1cmの部分を図のように縫います。

    7cm程度縫い残して、布を表に返せるようにします。

    STEP2:角を切り落とす

    布を裏返したときに四隅をきれいにするため、写真のように角の部分を切り落とします。

    切るのは縫い目の外側2mmくらいです。縫い目を切らないように注意してください。また、輪の部分(二つ折りにしたときの折り目側)の角は切らなくてOKです。

    STEP3:裏返して閉じる

    縫い残した部分から布を裏返し、縫い残し部分を縫って閉じます。

    STEP4:三角形に折って2か所縫う

    図のように三角形に折り、上の角から9cm程度の部分を2か所縫い閉じます。

    写真だとこうなります。

    STEP5:角にボタンをつける

    STEP4で縫わなかった角にそれぞれボタンをつけます。

    STEP6:ティッシュをセットして完成!

    ティッシュを入れ、ボタンをかけて完成です!

    裁縫初心者でも簡単!

    割と簡単にできてしまうのに、見た目はとてもおしゃれにできます。裏表を違う布にして、柄あわせを楽しんでみるのも良いですね。

    箱をゆるやかに包むカバーなので、寸法をきっちりしなくても意外に出来上がりがきれいです。お裁縫初心者さんにもおすすめです。

    (image by 筆者)
    (イラスト by 筆者)

    このライフレシピを書いた人