\ フォローしてね /

脂がのって美味!イナダの兜焼きの作り方

はじめに

イナダ(ブリの若いもの)の頭を豪快に、兜焼きにしてみました。

兜焼きと聞くと難しそうですが、基本的には塩をして焼くだけなので意外と簡単。ご家庭でも普通に作れます。

脂がのったイナダの頭はみずみずしくて最高。もしお魚屋さんで、頭が売っているのを見かけたら、ぜひお試しください。

材料 (2人分)

  • イナダの頭(半割り)...2切れ
  • 塩...適量

イナダの兜焼きの作り方

STEP1:イナダを洗う

半分に割ったイナダの頭を塩水で洗います。目の裏側、エラの付け根にある血の塊などをきれいに流します。

頭が割っていない場合は、出刃包丁か牛刀で半分に割ってください。ケガをしないように十分に気をつけてください。

STEP2:イナダに塩をする

よく水分を拭き取ったら、イナダの両面に塩をふり、15分ほどおきます。塩は30cmくらい上から全体にふると、まんべんなくいきわたります。

STEP3:イナダを焼く

水がでたらふきとり、グリルに皮目を上にしていれます。火加減は強火です。

身が大きくてグリルの火に近くて焦げてしまうときは、中火で焼いてください。

STEP4:イナダを裏返す

上の面がこんがりと焼けてきたら、返して裏面もじっくりと焼きます。

STEP5:完成!

中まで火がとおったら、お皿にもりつけてできあがりです。つけあわせにはお好みで大根おろしやレモンなどを添えてどうぞ。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。