1. 料理
    2. 包まないから超簡単、高槻市発祥「うどん餃子」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    包まないから超簡単、高槻市発祥「うどん餃子」の作り方

    はじめに

    大阪府高槻市の居酒屋が発祥だという「うどん餃子」。

    なんと、このお料理は皮で包むのではなく、中にうどんを混ぜ込んだ餃子なのだとか。皮がないのに餃子?と思って作ってみたら、たしかに味は餃子っぽく、しかも予想以上に美味しくてびっくり。

    お手軽で不思議なこの餃子、ぜひ一度お試しください。

    材料 (3~4人分)

    • 豚ひき肉...350g
    • キャベツ...1/4個
    • ニラ...1/3束
    • ゆでうどん...1袋
    • 片栗粉...大さじ1
    • 酒...大さじ1
    • 塩、こしょう...適量
    • しょうゆ...適量
    • ごま油...適量
    • おろしにんにく...(お好みで)

    うどん餃子の作り方

    STEP1:野菜を切る

    キャベツとニラをみじん切りにしてボウルに入れます。

    STEP2:餃子ダネを作る

    豚ひき肉を加えて、片栗粉、酒、塩、こしょう、しょうゆ、おろしにんにく、ごま油を入れて、ねばりがでるまで、よく混ぜます。

    タネを混ぜるときは、よく練らないと焼いたときにバラバラになりやすいです。
    下味がついたかどうか確認をしたいときは、少量を小皿にとって、電子レンジで完全に火を通してから、味見をしてみると良いでしょう。

    STEP3:うどんを切る

    ゆでうどんを1~2cmくらいの大きさに切り、餃子のタネに加え、さらによく混ぜます。

    STEP4:成型する

    食べやすい大きさの円形に成型します。

    STEP5:フライパンで焼く

    油をひいたフライパンに並べて、両面焼きます。途中、お湯を少量加え、フタをして蒸し焼きにすると中まで火が通ります。

    STEP6:完成!

    お皿に盛りつけてできあがりです。ラー油入りの酢醤油でどうぞ。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人