\ フォローしてね /

キャラ弁作りに使える!5つのグッズ

筆者の子供は保育園児ですが、たまにお弁当を持って行く日があります。そんな時に困るのは子供のリクエストに答えたキャラ弁作りです。

幼稚園の子供用に高い頻度でキャラ弁当を作るわけじゃないし、高価な専用品は買いたくない…そんな方のために、様々なキャラ弁レシピで使用出来、キャラ弁を簡単キャラ弁に変えちゃう便利なグッズをご紹介したいと思います。

汎用性が高いので、卒園で使えるキャラ弁にグッズを流用できたりと、使い道はたくさんありますよ!

これは買うべき!

のりパンチ

キャラ弁作りをする回数が少なくても、のりパンチはぜひ買うべきだと思います。

キャラ弁って、顔のパーツ1つで見た目の可愛さがすごく変わります。器用な人なら小さなパーツも上手に切り出せるのかもしれませんが、私の場合、不器用なので目や鼻、口部分にのりパンチを使ったパーツを使うことで、仕上がりがぐっと良くなります。

筆者の場合は写真のように顔部分だけが作れるのりパンチを使用しています。どんなキャラ弁を作る時にも使いやすいのでお勧めです。

ピック

こちらは比較的安価(100~300円くらい)で、手に入れることができます。種類もたくさんありますし、緑色や赤色・黄色と何種類か揃えておくことで、彩りのバランスが悪い時にも使えます。

筆者の場合は、プチトマトを入れる場合にもピックを刺します。こちらは可愛いからです。

枝豆のように細かいものを入れる時にも連ねて刺しておきます。この場合はお弁当の中でちらばらないし、子供にも食べやすくなるからです。

家にあるものを活用

竹串

キャラ弁グッズの中には細かい作業をする為のピンセット等も売っていますよね。ですが竹串で代用できる作業もあるんです。

のり等は挟むというよりくっつけて拾って、おにぎり等に張り付ける、という形の作業になりますので竹串で十分代用できます。

また、チーズ等を切り出す際にも竹串はすごく便利です!はさみが使えないやわらかい食材にはカッター代わりに使う事もできるんです。

上記の写真の顔のはりつけは竹串で行っており、口周りのチーズも竹串で切り出しています。

ストロー

型抜きもたくさん売っていますね。もちろん、音符マーク等、少し入り組んだ形のものをよく使う場合には型抜きを購入するのをお勧めしますが、円ならばストローで代用できます。

大きい円・小さい円もストローのサイズを変えれば作れますし、ストローを手で潰すと葉っぱの形のようなものも作ることができます。

写真では、ほっぺたのにんじんをストローでくりぬいています。

パスタ

これはキャラ弁グッズとしてご紹介すべきなのか迷ったのですが…とっても便利な使い方があるんです。それはキャラの耳をくっつける時やプチトマトをベーコンでくるむ等、つまようじのように刺して使いたい時です。

大きい子供達は食べられるもの、そうでないものを自分で区別できますが、小さい子供の場合はすべて口に入れてしまうケースもあるので、小さな部分は食べられる食材で作らないといけません。

パスタを使えば、長さも折るだけで自由に変えられますし、お弁当を食べる頃には食材の水分でふやけてやわらかくなっています。これは本当にお勧めです!

写真のクマさんの耳はウィンナーを切ったものですが、パスタを刺して止めているんです。

おわりに

朝の忙しい時間帯に、キャラ弁作りは大変ですが「お弁当かわいかった!うれしかった!」と喜ぶ子供の為に頑張りましょう!これらのお弁当グッズを使って、簡単に可愛いお弁当のおかずを作っちゃいましょう!

この記事がキャラ弁作りに役立ちますように!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。