\ フォローしてね /

古田敦也が教える!打撃ポイントを操るレベルスイングとは(動画あり)

ボールのコースによってバットに当てるポイントは変わってきます。打撃ポイントを自在に変化できたら、空振りをする確率は低くなります。

今回は打撃ポイントを変化させることができる「レベルスイング」について説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

打撃ポイントを変える

ボールを打つポイントのことを打撃ポイントと言います。この打撃ポイントを操れるようになれば、あらゆるポイントでの打撃ができるようになるので、ストライクを減らすことができるのです。

一般的な打撃ポイント

小さな頃から、「インコースは前、アウトコースは後ろで打て」と教わってきたのではないでしょうか。

ホームランを打つバッターには最も飛距離の出るポイントを定めて打つ必要があります。しかし、多くのバッターはヒットをできるだけ多く打つ必要があります。

レベルスイングをする

ダウンスイングやアッパースイングは 、ボールの軌道に対して上もしくは下の方向からインパクトをします。そのため、タイミングが少しでもずれてしまうと球に当たらなくなってしまいます。

しかし、レベルスイングはボールの軌道と同一線上にスイングをするため、どこかのポイントで当たる可能性が高いのです。

飛距離の出るポイントで当てることが出来れば、ヒットやホームランを打つことができます。また、タイミングが若干ずれてしまってもファールで粘ることもできるのがこのレベルスイングなのです。

レベルスイングについてはこちらも参考にしてください。

おわりに

ボールに対するバットの軌道のコツをつかむと、飛距離も伸びます。レベルスイングを身につけて、できるだけ多くのヒットを打てる選手になりましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。