\ フォローしてね /

おいしい!ツヤツヤミニトマトの育て方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

真っ赤でつやつやのプチトマトがプランターで作れたらいいですね。必要なときに収穫して食卓へ。考えただけでウキウキしてしまいますね。ここでは筆者が実際に行っているプチトマトの栽培方法をお伝えします。

栽培方法

植え付け時期は4月の下旬から5月の上旬くらいが適しています。苗は節の間が詰まった元気そうなものを選びます。土は野菜用の土を使うと石灰や肥料を混ぜたりする手間が省けます。

用意するもの

  • プランター(幅60cmくらいのもの)野菜用で深型が良い
  • 野菜用栽培土
  • 鉢底に敷く炭(虫除け効果がある)なければ石
  • 化成肥料または油かす
  • トマトの苗
  • 支柱(2m程度のもの)
  • 麻ひも(支柱と枝を固定します)

STEP1

プランターに鉢底石の代わりに炭を敷きます。なければ鉢底石を敷きます。

底に炭を敷くことによって、下からの害虫の侵入を防げます。

STEP2

土を半分程度入れて苗を置きます。

STEP3

さらに土を入れます。土の量はプランターの上から10cmくらい下までにしてください。

水が溢れ出さない程度に加減してください。地面が汚れにくいので、ベランダなどでも栽培しやすいです。

STEP4

長さ2mくらいの支柱を苗の側にたてます。

根を痛めないように注意してください。

STEP5

支柱と枝を麻ひもなどで緩く結びます。

枝が傷つかないように緩めに結んでください。

STEP6

わき芽がたくさん節から出てきます。若いうちに摘み取るようにして主枝を伸ばします。

栄養分が主枝の実に集中し、日当りも良くなります。

STEP7

花は下から咲いてきます。下から5段目の花が咲いた頃に、その花の上3枚くらいの葉を残して、そこから上を摘み取ります。摘芯といいます。

枝の成長を止めて、実に栄養が行き渡るようにします。

STEP8

一番下の花が大きくなってきたら、化成肥料を二握り程度、株元に与えます。その後はひと月に一回程度与えます。油かすでも大丈夫です。油かすをあげると実が甘くなります。

あげ過ぎは実の付きを悪くするので、控えめにしてください。

STEP9

水は植え付けのときにはたっぷりあげますが、それ以降は控えめにした方がおいしいトマトになります。

水も肥料も控えめがおいしいトマトの秘訣です。

STEP10

収穫は花が咲いてから40日前後でできます。4月下旬に苗を植え付けると、7月くらいから収穫することができると思います。実が赤くなったものから順に、実を持ち上げるようにして収穫すると簡単にとれます。花は次々と咲くので、10月くらいまでは収穫が見込めますよ。

おわりに

自分で育てたミニトマトを収穫するのは本当にうれしいものです。是非、太陽を浴びて真っ赤に育ったミニトマトを収穫してみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。