1. 暮らし
    2. 他店や通販で買った自転車を防犯登録する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    他店や通販で買った自転車を防犯登録する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    自転車は「ちょっとそこまで」に便利な乗り物です。しかし自転車と言っても普通のママチャリから何十万もする自転車まであるので、近くの自転車屋でほしいものがなかったりします。

    近くの自転車屋にほしいものがなく、通販で買ったはいいが「防犯登録のやり方がわからない」という人も中にはいると思います。

    この記事では、他店で購入した自転車の防犯登録の方法を紹介します。

    用意するもの

    • 防犯登録したい自転車
    • 自転車の販売証明書(または領収書)
    • 身分証明書
    地域などによっては登録料がかかる場合があります。事前に確認しておきましょう。

    防犯登録のやり方

    STEP1

    購入時に必ず「自転車の販売証明書」をもらいます。

    海外の通販で購入する場合は、販売証明書かそれと同等の効果をもつ証明書がもらえるのかを確認しましょう。

    STEP2

    次はお店探しです。

    大体の自転車屋さんは、通販で購入した旨を伝えれば防犯登録をしてもらえると思いますが、一部登録してくれないお店があるので

    「自転車商防犯協力会に加入している自転車販売店」

    を探してみて下さい。上記の自転車屋さんではよっぽどのことがない限り登録してくれると思います。

    STEP3

    お店を探したら、「自転車」「販売証明書」「身分証明書」を持ってお店に行きます。

    お店の人に「(通販で購入したので)「防犯登録お願いします!」と言えば登録してくれると思います。

    お店の人は盗難した自転車だと絶対に登録してくれないので、しっかりと証明できるものを提示してください。心配な方は一度電話で問い合わせても良いと思います。

    おわりに

    今回は自転車購入時には必須の「防犯登録」の方法を紹介しました。通販で自転車を購入する人も増えてきていると思うので、防犯登録をしていない方は一度やってみてください。

    このライフレシピを書いた人