\ フォローしてね /

【就活】就職活動で熱意を伝える3つの方法

このライフレシピのもくじたたむ

就職活動は自分を売り込む営業活動のようなものですが、そうは言っても、

「どうやってアピールすればいいんだ...」と思う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、簡単な熱意の伝え方をお送り致します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

就職活動で熱意を伝える方法

1:好印象を徹底的にキメる

言うまでもなく、第一印象や態度は大切です。

次のことを意識すると良いでしょう。

  • 挨拶は自分から元気良く
  • 靴は毎回ピカピカに磨く
  • スーツはできる限り毎回クリーニングに出す
  • ホコリ取りを持ち歩き、スーツは常に清潔に
  • 背筋を伸ばし、綺麗な姿勢をキープ
  • 颯爽と歩く
  • 話を聞くときは、目を見て頷き・笑顔を忘れない

これを意識するだけで、「熱意」の伝わり方が違います。

熱意は態度に表れます。態度で熱意を示しましょう。

2:質疑応答の時間には必ず質問する

説明会の最後には、ほぼ確実に質疑応答の時間が設けられています。

ここで必ず質問し、熱意を示しましょう。

「いきなり質問なんて浮かばない...」

と思うかもしれませんが、質問は、事前に考えておくのです。

5個以上考えて説明会に臨みましょう。

また、大勢の前で手を挙げるのは、勇気がいりますよね。

しかしそこは勇気を出して、「絶対に1番に質問するぞ!」と意気込み、勢いよく手を挙げてしまえば、意外と大丈夫です。

2番目以降だとタイミングが難しくなりハラハラしてくるので、1番目がお勧めです。

さらに、時間が許されるならば、最後に残って質問しましょう。

顔と名前を覚えてもらえるチャンスです!

図々しいかも...と不安になるかもしれませんが、謙虚な姿勢で臨めば問題ありません。

3:感謝の気持ちを伝える

就職活動において、感謝の気持ちを持つことはとても大切です。

「ご丁寧にご説明をいただき、ありがとうございます」

「選考にお時間を割いていただき、ありがとうございます」

そんな感謝の気持ちは、アンケートや御礼状で伝えましょう。

御礼状は以下のポイントを守って出すとよいでしょう。

  • 1:手書きで
  • 2:当日または翌日中に
  • 3:速達で

説明や選考で感じたこと、意気込みも簡潔に伝えましょう。

字に自信がない人も、丁寧に書けば気持ちが伝わります。

おわりに

時に自信を失うことはあるでしょうが、自分を信じて活動すれば熱意は伝わるはずです。

是非参考にしてみてください。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。