1. 料理
    2. レタスでさっぱり!「塩焼きそば」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    レタスでさっぱり!「塩焼きそば」の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    キャベツのかわりにレタスを使用した塩焼きそばです。味付けにはネギ塩タレを利用しているので、レモンの風味がさわやか。

    肉のかわりにエリンギで歯ごたえとボリュームを出した、夏におすすめサッパリヘルシーな塩焼きそばの作り方を紹介します。

    用意するもの(1人分)

    • 焼きそばの麺:1玉
    • もやし:1/2袋
    • ピーマン:1/2個
    • パプリカ:1/4個
    • エリンギ:2本
    • ネギ:1/2(タレ用)
    • レモン汁:大さじ1/2(タレ用)
    • ごま油:大さじ1(タレ用)
    • 鶏ガラスープの素:小さじ1(タレ用)
    • 塩こしょう:適量(タレ用)
    • にんにく(すりおろし):1片(タレ用)

    作り方

    STEP1 野菜を切る

    もやしはザルに入れて水洗い、レタスは洗って一口サイズにちぎります。ピーマンとパプリカは縦に細切り、エリンギは手で細く裂きます。

    STEP2 タレを作る

    ネギをみじん切りにしてタレ用の調味料を混ぜます。

    STEP3 野菜を炒める

    パプリカ、ピーマン、エリンギを炒めてもやしを投入します。

    STEP4 麺とタレを炒める

    麺を入れて、ほぐれてきたらタレを入れて炒めます。

    STEP5 レタスを入れて完成

    最後にレタスを加えてサッと炒めて完成です。

    おわりに

    野菜を多く使っているので、肉がなくてもボリューム満点です。使用する野菜は、冷蔵庫にあるものを何でも使えます。

    レタスが少しだけ余ったとか、使いかけの野菜を処分したい時に役立つメニューです。

    彩りのためにパプリカを使用しましたが、ない場合は人参を使用すると見た目がキレイに仕上がりますよ。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人