\ フォローしてね /

5分で作れる一人暮らし料理「豆腐玉子丼」の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

一人暮らしにおすすめの「豆腐玉子丼」。このメニューの良いところは、ひとつのフライパンで2品同時進行で調理できること、包丁を使わないところ、冷蔵庫に常備されてるアイテムで作れるところ、5分で完成するところ。

玉子かけご飯にも飽きた...もう少しボリュームが欲しい...そんな時に、サッと作れてガツガツ食べられる、一人暮らしの楽勝丼です。

用意するもの(1人分)

  • 玉子:1個
  • 豆腐:1/3丁
  • ご飯:茶碗1杯
  • 焼肉のタレ:適量
  • サラダ油:小さじ1
「一人暮らしだから豆腐を1丁で買わない」という場合は、2つに小分けされているものや、冷や奴用のサイズが小さいものを使用してもOKです。

作り方

STEP1:豆腐を焼く

サラダ油をひいたフライパンで豆腐を両面焼きます。火は中火です。

豆腐は包丁を使わず、フライ返しで切ることができます。

STEP2:目玉焼きを作る

豆腐に焼肉のタレをかけて、フライパンの空いているスペースに玉子を落として目玉焼きを作ります。

玉子をいれたら、水を少し入れて蓋をすると半熟に仕上がります。蓋をしたら火は強火にしてください。

STEP3:ご飯にのせて完成

ごはんを茶碗に盛り、その上に豆腐と目玉焼きをのせて完成です。

おわりに

一見、乱暴なメニューに見えるかもしれませんが味は絶品。これぞ一人暮らし丼というほど、早く、美味しく、楽に作ることができます。今は豆腐のサイズも豊富に売られているので、便利なサイズをチョイスしてください。

ゴマを振りかけたり、キムチを一緒に食べるのもおすすめです。ぜひ一度試してみてください。それぞれの「チョイ足し」を探すのも楽しいですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。