1. 料理
    2. ゴーヤの苦みも和らぐラタトゥイユの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ゴーヤの苦みも和らぐラタトゥイユの作り方

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    夏の代表野菜ゴーヤの苦みは独特のもので、それが美味しいという人もいれば苦手な人もいますね。苦みをまろやかにして使えば、上手に生かせるのではないでしょうか。 今回はゴーヤのラタトゥイユの作り方を紹介しましょう。フランス南部の家庭料理ラタトゥイユは野菜煮込み料理で、味付けもシンプルです。ゴーヤとトマト、後は家にある野菜を使って作ってみましょう。 ##材料 (2,3人分)

    • ゴーヤ 1/2本
    • トマト 1個
    • 人参 約5cm
    • 玉ねぎ 1/2個
    • ピーマン 1個
    • カボチャ 約100g
    • ニンニク 1片
    • オリーブ油 大さじ2
    • 白ワイン又は酒 大さじ1
    • 塩 小さじ1,5
    • バジル 適宜

    「ゴーヤのラタトゥイユ」の作り方

    STEP1: ゴーヤを切る

    ゴーヤは縦半分にしてワタとタネをスプーンなどで丁寧に取り、2,3mmの薄切りにします。
    ワタをしっかり取ることと、薄く切ることで苦みが押さえられます。

    STEP2: カボチャを切る

    カボチャはタネを取って3cm程の長さ、幅1cmくらいに切ります。皮はついたままで大丈夫です。

    STEP3: その他の野菜を切る

    ピーマン、人参は乱切りにします。

    トマト、玉ねぎも同様に乱切りにしておきます。

    STEP4: ニンニクをつぶす

    ニンニクをまな板に乗せて、包丁を上に寝かせて手でおしつぶします。
    今回は野菜をよく炒めるので、ニンニクをみじん切りにすると焦げて美味しくなくなります。香り付けだけの為にかけらのまま使います。

    STEP5: フライパンを熱しニンニクの香りを出す

    フライパンを熱してオリーブ油を入れ、先ほどのニンニクを入れて油に香りが十分に移るように炒めます。

    STEP6: ゴーヤを炒める

    ゴーヤを入れてよく炒めます。途中でニンニクは取り出しておきましょう。

    STEP7: その他の野菜を順に加える

    まずは人参を加えて2,3分炒めます。

    玉ねぎ、ピーマン、トマトを加えて油がからまるようによく炒めます。

    STEP8: カボチャを加え味付けする

    カボチャを加えて塩と白ワインを入れ、バジルを入れて蓋をし5分ほど蒸し煮します。時々フライパンを揺すって下さい。
    生のバジルを使う場合は手のひらに葉をのせて、もう片方の手でグーをしてたたくと香りが出ますよ。

    5分後野菜がちょうどいい固さになっています。

    完成!

    器に盛り付ければ出来上がりです。

    補足

    ゴーヤは最初からずっと炒めていますので、かなり苦みが抜けています。ただし色合いは悪くなりますね。

    合わせる野菜は何でもOK。火の通り具合や切る大きさに合わせて炒める順番を考えると、出来上がりがうまくいきますよ。

    今回はバジルだけでしたが、お好みでオレガノや胡椒、唐辛子など香辛料をアレンジして下さい。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人