\ フォローしてね /

JINSが教える!メガネレンズの基礎知識

ここでは、JINSからメガネレンズの基礎知識を紹介します。

本記事は、JINSのご協力により、2012年に執筆されたものです。

屈折率

JINSでは、薄型非球面プレミアムレンズを標準搭載しています。

非球面レンズは、球面レンズに比べ歪みが少なく、視界が自然なうえにレンズの厚みも薄いので、デザインに影響しにくいというメリットがあります。

屈折率によるレンズの違い

  • 屈折率1.60

最も透明度が高く、クリアに見えます。厚さは薄く、強度も高いという特徴があります。

  • 屈折率1.74

厚みが厚く、透明度、色にじみ、強度の観点でも1.60と比べると劣ります。

カラーレンズの種類

レンズの色にもいろいろな種類があります。色を入れてサングラスのように楽しめるカラーレンズは、車の運転や屋外での活動の際におすすめです。

オンラインショップでは、カラーレンズは4色、JINS PCレンズは2色展開となっています。

ダークグレーは濃度75%、その他カラーは濃度15%です。

カラーレンズを選ぶときのポイント

カラーレンズの色の変化

カラーレンズは、見本色と装着時で色が異なる場合があります。カラーレンズは、肌の色に合わせるとサンプルの色より若干暗くなります。

また、濃い色のフレームと合わせると、実際のレンズの色より薄く感じます。

運転時に使用できるレンズ

運転には濃度20%以下のレンズを使用してください。濃いカラーレンズでの夜間運転は危険なので要注意です。

おわりに

JINSからメガネレンズの基礎知識を紹介しました。メガネを購入する際にはぜひ参考にしてくださいね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。