\ フォローしてね /

JINS店長が伝授する!就活時に自分にあったメガネを選ぶ方法

このライフレシピのもくじたたむ

就職活動時に面接官に与える第一印象はかなり重要ですよね。

そこでこれから就職活動にのぞむ学生さんのために、JINS店長から就活時の自分にあったメガネを選ぶ5つの方法を紹介します。

本記事は、JINSのご協力により、2012年に執筆されたものです。

5つのポイント

ポイント1:自分をどう見せたいか

メガネの素材、形によって異なる印象を演出することができます。

例えば、メタルフレームは硬質な素材感から、オフィシャルできちんとした印象になりますし、セルフレームだとカジュアルで親しみやすい印象を与えます。

また、スクエアは顔を引き締めキリッとした印象に、オーバルは顔になじみやすく優しい印象に、といったようにフレームの形でも印象を変えることが可能です。

「自分をどう見せたいか」を考えつつメガネをお選びください。

ポイント2:全身のバランスをチェック

就活用の場合には、スーツ・ネクタイ・バッグ・靴・髪型も含めた「全身のバランス」を考慮して、より自分に合うメガネを選ぶことがポイントです。

顔まわりだけでなく、全身鏡でのチェックをおすすめします。

ポイント3:証明者写真にはマットな色を

顔馴染みの良い色を選び、メガネだけが目立たないように心がけましょう。履歴書用の写真撮影時には「マットな質感のフレーム」で反射が防げます。

シルバーは膨張色のため、想像以上に目立つこともあるのでご注意を。

ポイント4:フィッティングは入念に

フィッティングが合っていないと、面接などでお辞儀をするときなどに掛かりが悪く、メガネがズレてしまうこともあります。フッティング時には、お辞儀するなどの「入念なシミュレーション」をおすすめします。また、お店のスタッフにご遠慮なくご相談ください。

ポイント5:メガネのレンズはキレイに

せっかくのメガネも、レンズが汚れていては面接官に悪印象を与えてしまいます。「メガネをキレイに」するには、流水(冷水)でメガネの表面についているホコリを洗い流し、柔らかい布で拭き取ってください。

おわりに

JINS店長から就活時に自分にあったメガネを選ぶ方法を紹介しました。緊張する面接も、あなたに合ったメガネで自信を持ってのぞんでいただけますように!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。