1. コミュニケーション
    2. お酒が飲めない人が飲み会にうまく参加する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お酒が飲めない人が飲み会にうまく参加する方法

    「一滴もお酒が飲めないのに飲み会にいかなくてはいけない」「みんなと雰囲気を楽しみたいから飲み会には参加したいだけど驚くほどお酒が飲めない」そんな人は本当に飲み会が多い季節には憂鬱になってしまいますよね。

    私の友人がそういうタイプだったのですが、上手に飲み会に参加していたので、コツを聞いてみました!

    ポイントその1:幹事や車の送迎などを引き受ける

    • 料理やお酒をきらさないようにする
    • 会計をする
    • 免許があるひとは車の送迎をする
    • 酔っぱらってしまった人の介抱

    上記のような役割を買ってでることで、常に忙しくしていれば(実際に忙しいと思います)、無理やりお酒を勧められることもないです!

    ポイントその2:酒豪の横に座る

    常にお酒を継がれたい人の横にいて、その人のビールがなくなったら常につぐ役を買って出ましょう。

    その人にだけ、「本当に体質的にまったく飲めない」ということを飲み会の前に真剣な顔で訴えておいて、無理やりすすめられそうになったときに代わりに飲んでもらいましょう。

    ポイントその3:氷大作戦!

    ビール以外なら少しは飲める人の場合なのですが、まず、ウーロンハイなど、ビール以外の飲み物に氷をたくさん入れたものを注文します。氷が溶けると、上にアルコールが薄まった部分ができるので、それを少しずつ飲みながら過ごします。

    誰かがつぎに来た場合、「ウーロンハイなんですよー」などとビールではないことを伝えると、大半はあきらめてしまいます。

    とにかく氷を切らさないようにすることがポイントです! 猛烈に薄めて飲んでいきましょう。

    おわりに

    体質的に飲めない人は本当に辛いようですが、飲み会でもテンションをあげてみんなと楽しむようにしていれば、周りからも浮かないようです。

    飲めない人が無理に飲んで救急車にお世話になるような大事になっては大変です。まわりにも理解があるひとがいるとよいですね。

    このライフレシピを書いた人