\ フォローしてね /

結婚式のご祝儀を渡すときに大切な6つのポイント

このライフレシピのもくじたたむ

結婚式に出席する時には、ご祝儀を持参します。しかし、結婚祝いを持っていくまでには、いくつかの決まりをもとにした事前準備が必要です。

そこで今回は、ご祝儀を渡すまでのポイントをSTEPごとにわかりやすくご紹介します。

用意するもの

  • 新札
  • ご祝儀袋
  • 毛筆・筆ペン
  • 袱紗(ふくさ)

手順

STEP1:現金を新札に

ご祝儀に入れるお札は、新札を用意するのがポイントです。これには、「新しい門出をお祝いする」という意味が込められているそうです。

新札を用意するためには、まず銀行などに出向き、新札に変えたい金額を現金で用意して専用用紙に必要事項を記入します。新札は折れ曲がっては台無しなので、財布などに入れず、専用の封筒などにいれ持ち帰りましょう。

やり方がわからない時には銀行員の方に尋ねましょう。

STEP2:ご祝儀袋を用意しよう

ご祝儀袋を用意する

ご祝儀袋は、水引が一度結んだらほどけない結び方である「結びきり」のものを選ぶことがポイント''です。

また、中に入れる金額によって豪華さも変わってきます。一般的には、贈る金額が高いほど、ご祝儀袋自体も華やかなものになります。

ご祝儀袋のパッケージには、中に入れるご祝儀の相場が載っていることもありますので、参考になりますよ。

ご祝儀袋に必要事項を記入する

ご祝儀袋の表書きは、毛筆、筆ペンなどを使って丁寧に書いてください。お祝い事なので、濃い墨で書くことがポイントです。

表書きは「寿」「御結婚御祝」「御祝」となり、その下に贈り主の名前を表書きよりやや小さめにフルネームで書きましょう。

連名で贈る場合は3名までが基準となります。水引の中央下から左側に向けて、年長者順にフルネームで記入してください。

中袋に必要事項を記入する

中袋の表の中央に「漢数字」でご祝儀の金額を記入します。「漢数字」で書くというのがポイントになります。

裏面には、後日新郎新婦がご祝儀の確認をする際に役立ちますので、左下に郵便番号から、住所と氏名を記入しましょう。

漢数字とは:壱・一/弐・二/参・三/四/五/六/七/八/九/拾・十/百/千・阡/万・萬/円・圓/

STEP3:お札を入れよう

お札の入れ方にも決まりがあります。

中袋にお札を入れる時には、表の上側にお札の人物がくるように包むのがポイントです。中袋にお札を入れるときの具体的な方法は以下のとおりです。

結婚準備室  中袋へのお札の入れ方

STEP4:ご祝儀の渡し方

ご祝儀は袱紗に包んで

ご祝儀は袱紗に包むというのがポイントです。

袱紗の色は、結婚式などのお祝い事では、「赤」や「紫」を選びます。特に「紫」はお祝い事と忌事の両方で使用できますので、1つ持っていると重宝します。ちなみに筆者も紫を使っています。

袱紗に包んだご祝儀を取り出し、畳んだ袱紗の上にご祝儀袋を置き、受付の方に向かって両手で渡します。

渡した後、袱紗はすぐにバッグなどにしまいましょう。焦ってしまい袱紗が受付台に置きっぱなしに!などということがないように気をつけましょう。

筆者は、結婚式の当日にご祝儀をお渡しする時、受付の方に「本日はおめでとうございます。新婦の友人の○○と申します。」「お招き頂きありがとうございます。」などとお祝いの言葉を述べるようにしています。

ご祝儀袋を渡した後、芳名帳へ自分の名前と住所を記載する、という流れになります。

流れを理解しよう

ご祝儀を渡すまでの流れをシンプルにまとめてみましたが、一度経験するとこの流れがすんなり頭に入ってきます。

ご祝儀のマナーをスマートに行い、結婚する2人を祝福しましょう!

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。