\ フォローしてね /

たくさん食べられる!ゴーヤきんぴらの作り方

夏野菜のゴーヤは、夏バテ解消に一役かってくれる身体にとてもよい食材です。

しかし、苦みのせいで敬遠されがちです。そこで、油でよく炒めて、濃いめのしょう油で味付けしたきんぴらを作ってみました。

材料 (2人分)

-ゴーヤ      1本
- みりん      大さじ2
- 砂糖       大さじ1
- しょう油     大さじ1
- サラダ油(ごま油) 大さじ2
- ごま       適量
子供にも食べられるようにとうがらしを使っていません。

ゴーヤきんぴらの作り方

STEP1 ゴーヤを準備する

縦半分に切り、中のたねを綺麗に取り除きます。

薄切りにします。

STEP2 ゴーヤを炒める

フライパンにサラダ油(ごま油)をひき、中火でゴーヤをよく炒めます。
油でよく炒めることによって、苦みが軽減します。

STEP3 調味料を入れる

みりん、しょう油、砂糖を入れ 、煮詰めるように炒めます。

完成!

器に盛って、ごまをかけたら、出来上がりです。

1本分のゴーヤは、かさが減り写真の小鉢1皿分になりました。

お好みで七味唐辛子をかけても美味しいです。子供にはマヨネーズをトッピングすると食べやすいです。

おわりに

油でよく炒めることで、苦みが軽減されてとても食べやすくなります。

ごはんがすすんでしまうことはもちろんですが、日本酒や焼酎のつまみにもおすすめです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。