\ フォローしてね /

作り置き料理!ズッキーニだけのラタトゥイユの作り方

作り置き料理といえばラタトゥイユ

ズッキーニ、ナスやピーマンなど野菜をたくさん使って炒め煮にするラタトウィユは、冷蔵庫で4日ほど保存することができます。

冷たいままパンと一緒に食べたり、温めて卵を落として食べる、ウインナーを加えて温めなおすなどアレンジも効く便利な料理です。

ここではさらに手軽に、短時間でできるズッキーニとトマトだけのシンプルなラタトゥイユの作り方をご紹介します。

材料 (4人分)

  • ズッキーニ 2本
  • ベーコン 50グラム
  • トマトの水煮 300グラム
  • 塩コショウ 少々
  • 塩 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ3
  • スパイス類 (オレガノ、バジル、タイム、ガーリックなどお好みで)適量

作り方

STEP1:ズッキーニを切る

ズッキーニは厚さ5㎜程度のいちょう切りにします。

STEP2:ベーコンを炒める

鍋にオリーブオイルとベーコンを入れ、炒めます。

STEP3:ズッキーニを半分量入れる

ズッキーニの量が多く一度に入れるとうまく馴染まないので、まず半分の量を鍋に入れて炒めます。

STEP4:残りのズッキーニを加える

残りのズッキーニを加えて、更に炒めます。

STEP5:トマト、塩、スパイス類を加える

ズッキーニが油を吸ってややしんなりしたところへ、トマトの水煮と塩、スパイス類を加えます。軽くかき混ぜてから鍋の蓋をして5分ほど蒸し煮にします。

ズッキーニは火の通りが良いので、短い時間で調理できます。

STEP6:蓋をあけて煮詰める

蓋を開けて、このように煮汁が上がってきていればOKです。蓋を開けたまま煮汁が半分くらいになるまで煮詰めます。

中火で行ないます。強火だと、ズッキーニが煮崩れてしまう場合があります。

完成!

できたての熱いまま食べても良いのですが、鍋のまま冷ましてから保存容器に移し、冷蔵庫で一晩置くとよりおいしくなります。

4日ほど冷蔵庫で保存できますが、それ以上保存してから食べる場合は再度加熱して食卓に出しましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。