1. 趣味
    2. 写真うつりを良くする3つのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    写真うつりを良くする3つのポイント

    誰でも思い出の1枚はきれいに撮りたいものです。だけど現像した1枚を見ると表情がぎこちなかったり太って見えたりすることありませんか?この記事では筆者の体験や人から聞いたことをまとめてみました。

    ポイント1:表情筋を上げる

    自然な笑顔を作るのはなかなか難しいものです。楽しい時ならそうでもないのですが、卒業アルバムの写真撮影などはいきなり「笑って!」と言われて笑わなければなりません。筆者も自然な笑顔が作れず悩んでました。

    そんな筆者も表情筋を上げることで自然な笑顔を作れるようになりました。表情筋は顔の上部にある目の下の頬の部分にあります。普段思い切り笑ったときに顔を触ってみてください。持ち上がっている部分がそうです。

    つまり笑顔を再現することがポイントです。写真撮影の際にも思い切り笑った時と同じ笑顔をすればいいのですから。

    口角を上げることがよく言われますが、表情筋を上げることができれば口角も自然に上がります。口角を上げるのが上手な人もいますが、口角だけ意識すると口元は上がってるのに頬が上がってないのでぎこちない笑顔になってしまいがちです。

    ポイント2:あごは引く

    写真写りのいい人はだいたいこのテクニックを使ってると思います。あごを引いて映ることで小顔になる方法です。それに女性の場合は、あごを引くことでどことなく慎ましい印象を与えます。

    顔がふっくらしている人や二十あごの人はこの方法はおススメできません。あごを引くことで余計ふっくらして見えたり二十あごが強調されたりしてしまいます。

    ポイント3:一歩下がる

    これはぽっちゃり系の人や顔が大きめの人におススメです。ぽっちゃり系の人は標準体型の人や小柄な人と同じ列に並ぶと体型がダイレクトに写真に反映されてしまいます。顔が大きめの人も同じような理由で顔の大きさが反映されてしまいます。1歩下がることで遠近法を使って体や顔を小さく見せましょう!実際、小柄化・小顔化しますよ。

    遠近法を使いましょう!

    おわりに

    写真は思い出の記念です。それを「この写真キライだから見たくない。」というのはもったいないです。筆者も以前はそんなことが多かったと思います。

    自分らしいステキな1枚にしましょう。では、「はい、チーズ!」

    (Photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ