\ フォローしてね /

『SAI』で絵を描こう! 色関連パネルの使用方法 その2

今回の記事はこちらの記事の続きになります。併せてお読みください。

『SAI』で絵を描こう! 色関連パネルの使用方法

今回は、SAIで絵を描くときに色合いを調節するための『色関連パネル』の使い方のうち、

  • 中間色バー
  • ユーザーパレット
  • スクラッチパッド

の使い方をご紹介いたします。

本記事は、2012年にSAI Ver.1.1をもとに執筆されたものです。

STEP1:中間色バー

中間色バーとは、色を2つ指定することによって、その中間の色を簡単に作り出せるツールです。

STEP1-1:カラーサークルの表示・非表示

中間色バー左から四番目のボタンで表示・非表示を切り替えることができます。

STEP1-2:2つの色を指定する

まずは好きな色を1つ選択します。

バーの端の四角い枠にカーソルを合わせると、バケツの形に変わりますね。ここをクリックします。

1つめの色が指定されました。

もう1つも同じように指定すると、2つの色の間にグラデーションが作られます

STEP1-3:色を選択する

バーの上にカーソルを合わせると、スポイトに変わります。クリックすることでその色を選択することができます。

STEP2:ユーザーパレット

ユーザーパレットとは、お気に入りの色を保存しておくことができるツールです。

STEP2-1:ユーザーパレットの表示・非表示

ユーザーパレット左から五番目(右から二番目)のボタンで表示・非表示を切り替えることができます。

STEP2-2:色の登録

ブロックをひとつ選び、

『右クリック』>『色登録』(もしくは、『Shiftキー』を押しながらクリック)で、使用中の描画色を保存することができます。

また、『右クリック』>『色削除』で登録した色を削除することができます。

STEP2-3:保存した色を使用する

ユーザーパレットの中で使いたい色を選び、クリックすることで描画色として使うことができるようになります。

STEP3:スクラッチパッド

スクラッチパッドは、色の確認や色を混ぜるなどに使えるツールです。試し描き用の紙のようなものだと思ってください。

STEP3-1:スクラッチパッドの表示・非表示

スクラッチパッド一番右のボタンで表示・非表示を切り替えることができます。

STEP3-2:試し描き

枠の中はキャンバスと同じように描画することができます。レイヤーはありません。

左上にある矢印マークアンドゥ(取り消し・ひとつ戻る)とリドゥ(やり直し・ひとつ進む)です。

右上の消しゴムマークで、枠の中すべてを消すことができます。(この操作もアンドゥで取り消しができます)

STEP3-3:色をスポイトする

気に入った色が出来上がったら、スポイトツールを使うか、右クリックでその色を描画色にすることができます。

おわりに

色を作るにあたってなかなか使えるツールだと思います。

次回は、選択範囲の操作についてご紹介いたします。

SAIのダウンロードはこちらから。
Easy Paint Tool SAI

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。