\ フォローしてね /

折り紙だけでシンプルで丈夫に?七夕短冊の賢い作り方

七夕には、短冊に願い事を書いて、笹に飾りますよね。短冊は市販でも売っていますが、手作りしたいという方も多いはず。七夕の短冊と言えば色画用紙を連想しますが、実はおりがみがあれば十分なんです。

「折り紙だとペラペラだと貧素じゃない?」と思われがちですが、折り方次第で素敵な短冊に仕上げることができます。少しでも丈夫にしたい人は、こちらの方法で、子供たちと手作りしてみてはいかがでしょうか?

ここでは、おりがみを使った短冊の作り方を紹介します。

用意するもの

  • 好きな色のおりがみ1枚
  • ひも少し

STEP1 長方形に折る

おりがみを長方形に折り、開きます。

STEP2 対象位置でない片方の端を1から2センチ折る

対象位置でない片方の端を1から2センチ、裏部分が表に来るように折ります。

STEP3 中心に向かって半分に折る

中心につけた折り目に向かって両方を半分に折ります。

STEP4 さらに中心に向かって折る

さらに中心に向かって両方を半分に折ります。すると丈夫な短冊を折ることができました。

STEP5 千枚通しかパンチで穴を開ける

裏地が出ている部分に千枚通しかパンチで穴を開けます。

STEP6 穴にひもを通す

穴にひもを通してできあがり。

おわりに

いろんな色を使って作ればカラフルな短冊のできあがりです。シンプルだけど丈夫で素敵。ツートンになっているのも、きれいに見えるポイントです。

有り合わせのおりがみで作ることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。