1. 趣味
    2. ラッピングにも使える!折り紙で立体的なりぼんを作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ラッピングにも使える!折り紙で立体的なりぼんを作る方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    ラッピングにりぼんを添えたいけど手持ちのりぼんがないという時、折り紙でラッピングにぴったりなりぼんを作ることができます。

    必要な道具

    • おり紙1枚

    • はさみ

    • のり

    折り方

    STEP1:

    おり紙を三角に半分に折ります。

    更にもう半分に折ります。

    STEP2:

    鶴を折るときの要領で袋状に開いて折ります。

    反対も同じように折ります。

    STEP3:

    中心側の角を1㎝の幅で折ります。

    STEP4:

    1度全部開きます。青線の部分が山折り、赤線の部分が谷折りになるように折り目を付けます。

    STEP5:

    折り目を利用して真ん中が凹んだ形になるように折り直します。

    STEP6:

    図のように左右の端を折ります。裏側も同じように折ります。

    STEP7:

    1枚めくって

    ゆっくり開いていくと

    このようになります。真ん中部分は潰します。

    裏返します。

    STEP8:

    点線部分(折り目になっているところ)で切り込みを入れます。

    STEP9:

    上から下に折ります。合わさった所はのりで留めておきます。

    STEP10:

    図の部分を折ります。

    4ヶ所全部折ります。

    STEP11:

    中心に切れ目を入れます。

    STEP12:

    幅を好みで調整しながら図のように折ります。折ったところはのりで留めてしまいます。

    STEP13:

    余分な部分を切ります。

    STEP14:

    鉛筆などに巻きつけて丸く癖を付けます。(写真ではスティックのりを利用してます)

    STEP15:

    両方ともくるくる巻いて癖を付けたらふんわりと真ん中に差し込んでのりで留めます。

    STEP16:

    完成!

    おわりに

    ここでは、立体的なリボンの折り紙での折り方についてご紹介しました。

    柄付きの折り紙で作るともっと華やかになってラッピング向きに仕上がると思います。ぜひ作ってみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ