\ フォローしてね /

「英語が好きになる」洋楽学習法3選

学校の「勉強」として教えられる英語。「英語」を勉強ととらえてしまい、あまり好きになれない人も多いのではないでしょうか。

しかし、私たちが生活していく上で存在する英語との接点は「勉強」だけではありません。今や、映画や音楽などをはじめ、あらゆる生活の場面において触れることのできる世界です。

ここでは英語の接点を「洋楽」にして勉強に活用することで、好きになる英語の勉強の仕方3選をご紹介していきます。

好きなフレーズを見つけながら聴く

普段、邦楽などの音楽を聴いている時にも「このフレーズ良い」と共感を覚えながら聴く人も多いのではないでしょうか。

洋楽においても共感できる「好きなフレーズ」を探すことで、無意識に歌詞の日本語訳や英語の構文確認を繰り返すことができます。結果的に「好きなフレーズ」を探す行為は、無意識に英語学習をしている状態であるという事ができるのです。

良いフレーズを探す行為自体は、音楽を深く楽しむ作業ですから苦ではないでしょう。「英語を学んでいる」という感覚を持たないでいながら音楽自体を楽しむ事ができるので、積極的に「英語」に触れる機会を増やすことになり、「英語」への興味が増えてくる事でしょう。

歌詞カードを見ながら聴くと、探しやすくなります。

洋楽でシャドーイング

シャドーイングとは…英語を聞きながら追いかけて発音する学習方法を指します。リスニングの練習などで使われるこのシャドーイングを洋楽を用いて行います。

リスニングの教材を用いて行うシャドーイングと異なり、「音楽」ですので「カラオケ」感覚で楽しみながら学習することができます。

リスニングの力が上がるのはもちろんのこと、自ら英語を発音するので「英会話」の能力もあがります。

はじめのうちは、歌詞カードを見ながらシャドーイングを行うと正確さが保たれます。
慣れてきたら、歌詞カードなしで歌に合わせてシャドーイングを行いましょう。

洋楽で空所補充問題

普段、英語の問題で出題される「空所補充問題」。前後の文章から推測する能力などが問われる問題ですが、なかなか演習する機会が少ないのではないでしょうか。その「空所補充問題」を洋楽で学習します。

まず、練習したい洋楽の歌詞カードを用意し、友人や家族など自分以外の人に修正テープなどで適当な箇所を消してもらいましょう。

空所のある歌詞カードを作ってもらったら、テストの開始です。洋楽を聴きながら空所補充問題を解く要領で、空所を補充していきます。

前後の歌詞を聴きながら空所を補充していくので、推測力が付きます。また、「問題」として取り組むので、感覚が研ぎ澄まされ、普段気付かなかった発音表現にも触れる事ができるでしょう。

より英語学習に精通している人に「空所作成」の作業を頼むようにしましょう。有意義な箇所を空欄にしてくれます。

おわりに

以上の3つの方法では、リスニングや英会話の能力が上がるのはもちろんのこと、長文読解能力や英作文能力をも伸ばすことが出来ます。「洋楽」を英語を楽しむための入口にして、皆さんの英語に対する認識を変えてみてはいかがでしょうか?

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。