1. 暮らし
    2. コーヒーの出がらしを再利用する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    コーヒーの出がらしを再利用する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    珈琲党の皆様、コーヒーの濾した後の処理って、どうされてますか?コーヒーの濾した後の処理で意外な再利用法をいくつか、ご紹介いたします。

    コーヒー豆の再利用方法

    植物の肥料

    観葉植物や家庭菜園などの鉢にほんの少し入れると、とても良質の天然肥料になります。特にガーデニングの土の色に統一感が出るので緑と黒のコントラストでお奨めです。

    害虫の忌避剤としてもかなり有効です。特に地中にいる害虫に悩まされる時に、堆肥と濾した後のコーヒーを約4対1の割合でまぜてやると、かなりの効果があります。是非、お試しください。

    油料理の後処理

    油料理の後のフライパンに残った油に、しっかり乾燥させた濾した後のコーヒーを入れて混ぜるとサラサラになり、そのまま捨てられます。揚げ油は処理能力を超えますので専用のものをお使いください。

    脱臭効果

    湿ったままの濾した後のコーヒーをお皿に入れて、電子レンジで暖めると電子レンジの中の嫌な臭いが取れます。ある程度加熱すれば乾燥もできちゃうのでダブルで使える技です。

    掃除機の臭いって意外とキツいですよね。しっかり乾燥させた濾した後のコーヒーを床に撒いて、それをゴミと一緒に吸えば、掃除機の集塵袋に入って、いや~なニオイをシャットアウト。

    但しコーヒーかすの乾燥が不完全だと掃除機の中でカビてしまい、予想外のニオイを放ってくれるのでご注意。

    手作り脱臭剤

    しっかり乾燥させた濾した後のコーヒーをティーバッグ用の子袋に入れ冷蔵庫、下駄箱、押入れ、トイレ、食品収納庫など嫌な臭いが気になるところにおいてください。

    たったこれだけのことですが、生活の中で嫌な臭いが取り除かれます。もし悪臭のことでお困りでしたら、ぜひ一度お試しあれ。臭いは消えますし、安全性もバッチリです。

    古くなったコーヒーが入ったティーバッグも再利用

    古くなったティーバッグは、適当に油分もあって靴磨きに最適。見違えるくらいピカピカになります。ゴミ箱に捨てても脱臭効果は持続しているので使い捨てにしましょう。

    おわりに

    他にも灰皿に入れたり、ペットの消臭にも効果大ですし、有機栽培やお掃除グッズにもなる優れもの。賢く使えば幾通りにでも使えるのでエコにも繋がりますから、アイデアを組み合わせて楽しんでください。

    このライフレシピを書いた人