\ フォローしてね /

熟していないアボカドでも美味しくできる!アボカド天ぷらの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

ここでは、アボカドの天ぷらのレシピを紹介します。

生で食べるにはまだ3~5日かかりそうな熟れていないアボカドでも美味しく仕上がりますよ。

材料(1~2人分)

  • アボカド…1個
  • サラダ油…適量
  • レモン…1/8個
  • (A)薄力粉…50g
  • (A)片栗粉…10g
  • (A)塩…一つまみ
  • (A)水…90ml

作り方

STEP1:アボカドを用意して切る

アボカドは皮をむいて種を取り、厚さ1cmに切ります。

アボカドの実で黒くなったり、茶色く変色した部分は苦味があるので取り除きましょう。

STEP2:天ぷらの衣液を作る

天ぷらの衣液を作ります。(A)の材料をボウルに合わせて混ぜます。

そこへ切ったアボカドを入れます。

この天ぷらは卵を使いません。ですがカリッと揚がります。

STEP3:衣をつけて揚げる

170度に熱したサラダ油で、衣をつけたアボカドを揚げます。裏表がカリッとなったら取り出し、キッチンペーパーの上にのせます。

調理の際は短時間でさっと揚げましょう。熟れていないアボカドには元々渋みがある場合がありますが、加熱しすぎるとポリフェノールが出て、渋みや苦味の原因となります。

完成!

器に盛り、レモンを添えたら完成です。

作るポイント

生で食べるイメージのアボカドですが、加熱すると柔らかくなり一口食べるとトロけます。

天つゆやわさび醤油、マヨネーズ等、お好みのタレをつけて召し上がってください。

Twitterで紹介!

(image by 著者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。