\ フォローしてね /

早い、旨い、安い!もやしと卵の中華風炒めの作り方

このレシピについて

もやし料理は一手間かけるだけで、抜群に美味しくなります。しかも安い食材なので、色々と活用して行きたいものです。

今回はとてもシンプルですが、食べると癖になるもやしと卵の中華風炒めをご紹介してみたいと思います。

用意するもの

分量について

2人分の分量です。

材料

  • もやし   1袋
  • ダシダ   小さじ1杯
  • 卵     2個
  • 塩・胡椒  少量
  • ゴマ油   少量
「ダシダ」とは韓国食材の調味料で、ビーフコンソメのような味です。ダシダが無い場合は鶏がらスープの素でも代用可能です
CHECK:お好みで醤油を少量加えても美味しいです

もやしと卵の中華風炒めの作り方

STEP1

フライパンで浅くお湯を沸かし、沸騰したお湯でもやしを20秒ほど下茹でます。

下茹では省略可能ですが、下茹でを行うことでもやしの青臭さがなくなり、もやしが格段に美味しくなります。

STEP2

下茹でしたもやしをザルにうけ水気を取ります。

下茹でを省略した場合は、もやしをザルで水洗いします。

STEP3

先ほどのフライパンにゴマ油を敷いてもやしを炒めます。下茹でが終わっているので、ダシダと塩胡椒をかけて混ぜ合わせ、溶き卵を回し入れたら火を止めます。

卵は生っぽい状態で火を止めます。余熱で少し固まる程度がベストです。火を通しすぎると硬くなって美味しくありません。
ご飯のおかずにするなら、味付けでしょうゆを少し足しても美味しいです。

STEP4

皿に盛り付けて完了です。

すぐに皿へあげてください。フライパンの余熱で卵が固まりすぎてしまいます。

おわりに

出来上がりの香りが伝わらないのが残念ですが、たとえるならチャーハンのような香ばしい匂いです。お勧めはできたてをすぐに食べること。卵も火が通る前に皿へあげているので、卵が砂糖を入れていないのに甘いです。

一番最初はニラ嫌いな子供のために、ニラ抜きでニラ玉炒めを作ったのが始まりなのですが、今ではすっかり定番の手抜き料理となっています。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。