1. 趣味
    2. ほぼ放置でも育つ!レモンバームの育て方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ほぼ放置でも育つ!レモンバームの育て方

    爽やかなレモンに似た香りが魅力のレモンバーム。ハーブティーを楽しんだり、お料理に添えたり、生で食すことも出来ますし、入浴剤にもなります。多種多様な楽しみ方が出来るハーブの一つで、昔から長寿のハーブと呼ばれ、優れた効能を持っています。

    ミツバチをひきつけることから、他の植物の受粉を助けるために、コンパニオンプランツにも向いていますので、相性の良い植物と一緒に寄せ植えするのも良いでしょう。

    今回は、初心者にも簡単な苗から育てる方法をご紹介いたします。

    用意するもの

    畑栽培

    レモンバームのみ栽培する場合

    • 苦土石灰:1平方メートルあたり50~100g
    • 黒土:1平方メートルあたり5~10Lくらい
    • 腐葉土:1平方メートルあたり5~10Lくらい
    • 有機配合肥料、または花・野菜用肥料、ハーブ専用肥料など

    寄せ植えする場合

    土質はあまり選びません。他の植物と一緒の土で問題ないと思いますので、必要なものは苗のみです。

    プランター栽培

    • 鉢:深さ15cm以上のもの
    • 鉢底ネット
    • 底石
    • 野菜用の培養土(ハーブ専用培養土)
    • 有機配合肥料、またはハーブ専用肥料など
    湿り気のある土を好みます。黒土や腐葉土は、畑の土質に合わせて配合量を変えます。

    植え付け時期の目安

    • 4月上旬~6月下旬、9月上旬~10月下旬

    植え付けは、地域や天候に合わせて行います。

    育成適温は15~20℃前後。耐寒性があり一般的には、0度以下でも越冬します。

    日当たりを好みますが、明るい日陰の方がよく育つと思います。直射日光で日が当たりすぎる場所では、少し日陰を作ってあげた方が良いでしょう。

    植え付け準備

    土作り・土を入れる

    畑栽培

    石は取り除き、苗を植える2~3週間前までに、苦土石灰1㎡当たり50~100gを入れ土壌を中和させます。

    種を蒔く1週間~10日くらい前に、腐葉土5~10L、黒土5~10L、有機配合肥料を投入し、スコップやクワで、深さ20cmくらいまで全体に混ぜ込むようよく耕し、幅40~50cm、高さ10cmの畝を立てておきます。

    プランター栽培

    プランターに鉢底ネットを敷き、底石を2~3cmくらい敷き詰めたら、培養土をプランターに入れます。

    苗の選び方

    • 生き生きとした葉のもの
    • 葉がなるべく沢山ついているもの
    • 黄色く枯れていないもの
    • 鮮やかな緑色のもの

    これらの点に注目し、苗を購入すると良いでしょう。

    苗を植える

    畑栽培、プランター栽培共に、苗をポットから優しく取り出し、根を傷つけないよう植えつけていきます。二株以上植える場合は、株間を20cm間隔くらい空けて植え付けます。

    レモンバームは、挿し木でもどんどん増えますので、一株購入して様子を見ながら、挿し木などで株を増やすのも良いと思います。

    水を与える

    苗を植えつけたら、たっぷり水を与えます。

    水やり

    畑、プランター栽培共に、土の表面が乾いたら水やりをします。暑い時期は、土が乾燥しやすいので、なるべく水切れを起こさないようにします。土の保湿を高めるため、マルチングも効果的です。腐葉土やワラを土の上に敷くと良いでしょう。

    日当たりや土質、気候にもよると思いますが、筆者の経験上、畑栽培では勤めて水やりを行ったことはなく、他の野菜の水やりのついでに、ちょこっと水やりする程度で育っています。

    プランター栽培では、土が乾きやすいため、暑くて乾燥している時は毎日水やりをします。

    水やりは、午前、夕方など涼しい時間帯に行います。日中気温が高くなってからですと、水がお湯になってしまい、根を痛めてしまいます。

    摘心

    株が20~30cmくらいに成長したら、根元からだいたい10cmくらいの場所を、バジルの摘心などと同じように、わき芽より少し上(適当な感じでOK)をハサミで切り落とします。

    すると、そこからわき芽が伸びて、どんどん増えていきます。これを繰り返すことにより、枝や葉を増やしていきます。

    筆者の場合は、細かいことは気にせず、適当に好きな位置で枝を切って収穫し、そこからわき芽が勝手に伸びて増えていく感じです。

    ただ、あまり地表付近の葉が茂りすぎると、通気性が悪くなるため、適度に収穫を兼ねて摘心すると良いと思います。

    花芽がついた時は、その後に葉が硬くなってしまうので、今度は根元から10cmくらいの場所を、わき芽を残して一旦切り落とします。これは株の老化を防ぎ、新たにわき芽を伸ばして成長させるためです。

    追肥

    月に1度くらい、株元から少し離して追肥をします。筆者の場合は、厳重に管理したことがないのですが、あまり気にせずに、気がついたときに液体肥料を与える感じで十分育っています。

    ただし、プランター栽培で雨にさらされるような状況ですと、肥料がどんどん流れ出てしまうため、プランター栽培では、なるべく定期的に追肥を行った方が良いと思います。

    他の植物と寄せ植えする場合は、他の植物の肥料で十分育つので、様子を見ながら追肥するような感じで良いと思います。

    害虫対策

    筆者の場合、害虫被害に遭ったことはほとんどありません。たまに葉に穴が空いている程度なので、その場合は葉を取り除きます。

    収穫

    枝や葉を切り取って収穫します。好きな位置で収穫して構わないのですが、必ずわき芽を残して収穫しましょう。

    収穫時には、レモンに似たいい香りがしてきます!

    レモンバームは多年草なので、雪の降らない暖かい地域では、そのままでも越冬するようです。また、雪の降る地域では、土が凍らなければ越冬するようなのですが、筆者は都合により、まだ実験したことはないので、今後実験してみたいと思います。

    おわりに

    繁殖力旺盛で、荒地でも勝手に増殖して、全く手をかけなくても育つほどの生命力の強さですので、とても簡単に育てることが出来ます。

    逆に、繁殖力が強いため、収穫をせずに放置しておくと、びっくりするほどジャングルな状態になりますので、定期的に収穫するようにしましょう。

    栽培が初めての方も、水分が維持出来れば、ほぼ放任でも育つのでお手軽に育てられますよ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ