\ フォローしてね /

動画・視聴者の特性を知る!動画をWebに展開する際のポイント

このライフレシピのもくじたたむ

動画をWeb上で公開する場合には、Webの特性を理解しなくてはなりません。

今回は、動画をWebに展開する際の注意点を説明したいと思います。

本記事は、Jストリームのご協力により、2012年に執筆されたものです。

動画をWebに展開する際の注意点

視聴者は「情報をいち早く得たい」

Web上で動画を配信する際は、Webならではの特性というものを理解しなくてはなりません。

それは

多くのユーザーは、いち早く情報を得たいという要望が強い

ことです。

というのも、Webサイトを訪れるユーザーの多くは、検索して情報を探すなど、基本的に能動的なアクションをとっているため、動画を使っていち早く情報を得たいと考えているからです。

テレビと同じ方法は通用しない

そのため、テレビと同じような方法は通用しません。正確にいうと、高い効果のあったテレビCMをWeb上で再現したとしても、同じ効果を得ることはできないのです。

例えば、コンテンツが始まる前に共通のジングルを流すといったテレビでよく使われるような演出は逆効果だと思われます。

そのいった演出の間に視聴者が離脱してしまう様子が動画解析ツールでは一目瞭然になるでしょう。

動画の種類と目的を明確にする

このように、Web上で動画を配信する際は、Webならではの特性を意識することが大切です。

つまり、動画を掲載する場所、その動画がもたらす目的などを整理した上で配信し、活用する必要があるのです。

まとめ:Web上で動画を配信する際は、種類と目的を明確にする

おわりに

WebにはWebならではの特性があります。動画を制作し、配信する際は、しっかり目的を整理してから展開するようにすれば、より良い結果を得られるかもしれません。

本記事は、「Web担当者Forum」で2012年2月8日~2月27日に連載した記事の再編集版です。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。