\ フォローしてね /

国内屈指のラーメン屋「一風堂」の攻略法

はじめに

「TVチャンピオンラーメン職人選手権」や「史上最大のラーメン王座決定戦」 など数々の優勝により、日本中のラーメン好きで知らない人はいないとまで言われる博多ラーメンの名店、その名は「一風堂」といいます。

店内はラーメン屋さんなのに何故かモダンジャズが流れる。でも、不思議と違和感が無い。

今回は、そんな国内屈指のラーメン屋「一風堂」の攻略法についてお話してみたいと思います。

国内屈指のラーメン屋「一風堂」の攻略法

時間帯を少しずらして訪問する

行列が出来る有名店ですので、少し早め、もしくは遅めに入店することをお勧めします。

基本は赤か白

一風堂のラーメンの基本は「白丸元味」と「赤丸新味」です。一般的に赤と白といわれています。

白は元々の味で、豚の臭みを取ったアッサリ豚骨ラーメンです。

赤は少しコッテリており、時代とともに白から進化したラーメン。スープだけではなくチャーシューも赤のほうが油が多く肉厚柔らかです。

麺のかたさ

一風堂では注文の際に、麺の茹で具合を指定できます。一般的には以下の4段階から指定します。

  • ばりかた
  • かため
  • ふつう
  • やわらかめ

上のばりかたが固く、下に行くほど柔らかくなります。通は一般的に「ばりかた」を好むといわれています。が、実はこれよりも上に通が好む固さが2つも存在しています。

  • こなおとし
  • はりがね

こなおとし(粉落とし)は一風堂特有の言い方で、博多では「湯くぐり」という表現をすると聞いたこともあります。文字通りお湯をくぐって粉だけ落として提供されます。独特の食感ですので、機会があれば一度お試しください。

高菜無料

一風堂ではメニューに高菜ラーメンは無く、テーブルには無料の高菜と紅しょうが、もやしが置いてあります。ライスを注文して上に高菜を載せれば、名物の高菜ライスも楽しめます。

替え玉

博多では定番の替え玉。これは麺だけのお替りのことをいいます。そのため、替え玉をする場合には最後までスープを飲むのを我慢しておかなければなりません。人によっては3玉ぐらいは替え玉します。また少しお行儀が悪いですが、替え玉ではなくライスを注文してスープご飯というのも通の食べ方です。

小ネタ

豚骨ラーメンのスープは白いため、全て飲みきらないと丼の底が見えません。それを利用した粋な計らいで、全部のスープを飲みきったとき丼の底に「ありがとう」と書いてあったことがあり大いにウケました。

過去に2度ほどしか見たことがありませんので、全ての丼ではないのだと思います。ただ店舗によるかもしれません。

おわりに

店舗内ではお水ではなくルイボスティがおかれています。ラーメンを食べた後の脂っこい口の中を、ルイボスティがすっきりさせてくれます。

本当に一風堂のラーメンは美味しいんですよね。書いているうちに、思い出してまた食べたくなってきました。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。