1. 料理
    2. クリームチーズを使った「アボカドディップ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    クリームチーズを使った「アボカドディップ」の作り方

    アボカドはそのまま食べてもいいですが、パン食にこのアボカドディップがちょっとあるとおしゃれで、おもてなしにも使えます。

    フランスパンはもちろん、ロールパンにつけたり、ゆでたエビと一緒にベーグルにはさんでもおいしいアボカドディップの作り方を紹介します。

    用意するもの

    材料(アボカド1個分)

    • アボカド 1個
    • kiriクリームチーズ 2個(18g×2)
    • レモン果汁 小さじ1
    • クレイジーソルト 少々
    • ブラックペッパー 少々
    • ピエトロドレッシング 和風しょう油味 小さじ1
    kiriクリームチーズを使っていますが、他のクリームチーズでも構いません。その場合は36g程度になります。

    「アボカドディップ」の作り方

    STEP1:アボカドを下処理します。

    アボカドは2つに割ります。

    ナイフで写真のように斜めに切れ込みを入れて、さいの目のようにします。

    皮を裏返すとさいの目の1粒1粒が外れます。こうするとキレイに取ることができます。

    もし外れにくいのならスプーンなどですくうと取れやすくなります。

    STEP2:材料を混ぜ合わせます。

    クリームチーズを入れます。

    クレイジーソルト、ブラックペッパー、レモン果汁を加えます。

    クレイジーソルトは10振り程度、ブラックペッパーも10振り程度加えています。

    STEP3:つぶします。

    ポテトマッシャ―に切りかえ、クリームチーズと混ざるようにアボカドをつぶします。

    スプーンでつぶしてもいいのですが、ポテトマッシャ―が効率的につぶせます。

    STEP4:味を調えます。

    味を見て、味を調えます。ピエトロドレッシングを小さじ1加えました。

    薄味が好きならピエトロドレッシングはなくても構いません。しょうゆ味が少し加わることで、味が引き締まる気がします。

    おわりに

    パン食にこれがあると、ディップして食べることができます。フランスパンに主につけますが、バターロールや食パンにも合います。また、おしゃれに見えるのでお客さんが来たときのおもてなしにも使えます。

    ベーグルにこのディップとサーモン、エビなどを加えて食べてもおいしくいただけます。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人