1. 料理
    2. 基本のバニラシフォンケーキの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    基本のバニラシフォンケーキの作り方

    母が小さい頃から作ってくれているシフォンケーキ。教えてもらったレシピは、書いておかないと忘れてしまうくらい材料は細かい分量でした。もっと簡単に作りたいと思い、覚えやすい材料の分量でレシピを作ってみました。ふわふわの美味しいシフォンケーキが出来上がりました。

    それでは、基本のバニラシフォンケーキの作り方をご紹介します。

    用意するもの

    分量について

    ○シフォン型1台分(17cm型)

    材料

    • 卵黄 2個分
    • グラニュー糖(1) 30g
    • サラダ油(今回はオリーブオイルを使用) 30g
    • お湯 30g
    • 薄力粉 70g
    • ベーキングパウダー 3g
    • 卵白 3個分
    • グラニュー糖(2) 15g
    • バニラエッセンス 少々
    薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておきます。
    オリーブオイルには、お肌の老化を抑える美容効果があります。サラダ油のかわりに使用すると、膨らみが若干悪くなり、少し黄色っぽいケーキが出来上がりますが、味はさほど変わりません。
    卵白は、ボウルごと冷凍庫で15分位冷やしておくと、しっかりとしたメレンゲが作りやすいです。

    予熱しておいたオーブンで180℃で23分~28分焼きます。

    シフォンケーキの作り方

    STEP1

    卵黄を溶き、グラニュー糖(1)を加えすり混ぜる。泡立てすぎると卵の風味が減ってしまうので、手早く軽く混ぜます。

    STEP2

    サラダ油にお湯を加えて混ぜます。

    STEP3

    【卵黄とグラニュー糖】の入ったボウルに【サラダ油とお湯】とバニラエッセンスを加えホイッパーで混ぜ合わせる。ここでも、卵の風味を残すために泡立てないようにします。

    STEP4

    ふるっておいた、粉類を加え手早く混ぜます。粉が見えなくなるまで混ぜます。

    STEP5

    卵白にグラニュー糖(2)を少し加え、泡立てます。ほぼ全体がしっかりと泡立ってきたら、残りのグラニュー糖を加え、しっかりとしたメレンゲを作ります。

    ハンドミキサーを使用し、高速で勢いよく短時間(4分~5分位)で泡立てる。長時間泡立ててしまうと、ボソボソとしたメレンゲになってしまいます。

    STEP6

    卵黄の生地にメレンゲの3分の1を加え、よく混ぜて、なめらかな生地を作ります。

    STEP7

    残りのメレンゲを加え、ゴムべらを使い、中央から手前に生地をすくい上げるように手早く混ぜます。

    STEP8

    生地を型に入れます。

    生地を型に入れる時、順番に重ねるように落としていくと、大きな気泡が出来にくいです。

    表面をゴムべらなどを使って整えます。

    STEP9

    オーブンで180℃で23分~28分焼きます。

    STEP10

    コップなどを使い、逆さにして粗熱を取ります。(逆さにしないと生地が沈んでしぼんでしまいます。)

    STEP11

    シフォンケーキナイフやパレットナイフを使い、型からはずします。

    生地と型の間にナイフをさしこんで、ぐるりと一周させる。外側、内側と型からはずし、最後に、型の底も同じように、型から生地をはずす。

    おわりに

    バニラシフォンケーキは、そのまま食べても美味しいですが、果実や生クリームを添えて食べると一味違う楽しみ方が出来ます。

    シフォンケーキは、独特なふわふわ感を出す為に、生地が膨らんだ状態で冷ますので型には油脂などを塗りません。型は表面加工されていないほうが生地が型に定着し、焼き上がり後に萎みにくいです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人