\ フォローしてね /

場の雰囲気が重要!仕事の飲み会でわからない話題についていくコツ

はじめに

仕事後に行われる飲み会では、普段話さないような人と話せたり、仕事中はできない趣味などの話ができたりと新しい発見がありますよね。

しかし、席の都合で話題が若者グループが中心になってしまったり、その逆になったりすることもあります。周りが盛り上がっている中、自分だけ取り残されると少し辛いですね。ここでは雰囲気を壊すことなく、会話についていく方法を提案します。

自分のわからない話題で盛り上がっている時

若い人であれば最近の流行りもの、中年以降であれば懐かしい物の話。あなたが話せない話題であれば、聞き役に回ってしまいましょう。素直に、

「初めて聞きました。それは何ですか?教えて下さい。」
と言ってしまえば、意外なほどにあっさりと会話に入ることができますよ。どんなに小さな事柄であっても、人に物を教えるというのは本来気分の良いものです。アルコールの手も借りているので、あちらの口も滑らかになっているはずですよ。教えてもらったら、
「へえ、いいこと聞いたなあ。この話題で年上の人(あるいは若い人)にモテるかな(笑)」
くらいおどけてしまうと、より溶け込みやすいでしょう。中高年特有の苦労話や武勇伝であれば、映画でも見ているつもりで聞いてあげて下さい。
「それでそれで?」

「嘘!漫画の世界みたい!」
こんな風に興味を示しつつ、素直なリアクションを返して下さい。この手の話題が話し手が気持ちよくなりたいだけなので、話を広げる必要はありません。どんどん気持ち良くさせて、話を聞かせてもらいましょう。

黙ってつまらなそうにしたり、知ったかぶりをしたり、無理に話題を変えようとするのはよくないです。

無理に自分の得意な話題に持って行ってしまうと、別の人柄取り残されてしまうことがあります。自己中心的な印象も与えてしまいますよ。逆にあなたが話題の中心で、ついていけていなさそうな人はいれば、積極的に話を振ってあげて下さい。

「◯◯さんは、これどうですか?」
など、答えやすい質問をしてあげるだけで、その人はかなり救われるはずです。

おわりに

せっかく仲良くなれるチャンスなので、時間は有効に使いたいですね。興味のない・全く知らない話題でも、聞いてみると意外と面白かったりするかもしれません。

話が広がれば共通の話題も見つかったりして、より楽しく過ごせるかもしれません。すべては、まずは会話についていくことから。あなたの飲み会が楽しくなりますように!

(photo by http://www.ashinari.com/2012/02/06-357316.php?category=5)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。