\ フォローしてね /

いつも冷蔵庫にあるモノでOK、「天津もやし」の作り方

安いとついつい買ってしまう、卵ともやしの安ウマ、メインもやしレシピです。

天津もやしをど~んとご飯に乗せて「天津もやし丼」でもおいしいです。

用意するもの

分量について

2人分の分量です。

材料

  • もやし (2袋) 1人分1袋
  • たまご (4個) 1人分2個
  • 万能ねぎ (適量)
  • 下味用の塩・コショウ (少々)
  • 紅ショウガ (お好みで)
  • ごま油 (お好みで)

あんの味付け材料

  • 濃いめ鶏がらスープ (1カップ)水1カップと鶏がらスープの素(大1強)
  • しょう油 (大1)
  • オイスターソース (小1)
  • 砂糖 (小1)
  • 塩 (少々)
  • 片栗粉 (大1)

天津もやしの作り方

STEP1

2袋のもやしをのシャキシャキ感が残るように軽く炒めます。

下味の塩・コショウは、もやしの水気が出ないように火を止める直前です。

STEP2

卵は1人分ずつ作ります。(見た目がよいため)

卵は1人分2個で万能ねぎを適量入れ、よく混ぜ合わせ両面を焼きます。

卵はお好みで片面の半熟でも美味しいです。

STEP3

あんの味付け材料を、全て鍋に入れて軽く沸騰してくるまで温めます。

あんはかけると薄く感じるので、濃い目の味付けになっています。
片栗粉も温め始めから全て入れてしまいます。

STEP4

炒めたもやしに、卵を乗せます。

「天津あん」をかけて、お好みで紅ショウガ、ごま油をかけて完成です。

ごま油を少しかけると、より中華な感じになって美味しいです。

おわりに

いつも冷蔵庫にある材料でできるところが気に入っています。

ハムやベーコンなどの半端があれば、卵に入れても美味しいですよ。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。