1. 暮らし
    2. 整理整頓ができないあなたへのたった1つのルール

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    整理整頓ができないあなたへのたった1つのルール

    「掃除」と「整理整頓」は似ているようで少し違います。部屋を清潔にしておくのが「掃除」だとしたら、快適にするのが「整理整頓」ですよね。

    今回は「整理整頓」が苦手な方へオススメのルールをご紹介します。

    ルールの前に

    整理整頓が苦手、というのを気にしている人も多いようです。でも、苦手なことはもう仕方がない、と割り切ってしまいましょう!

    あれもこれもやろうとしない

    100円グッズを使った整頓術、など部屋の整理方法は様々ありますが、そんなことが実現できていれば、すでに悩んでいないはず。

    まずはカンペキに整理整頓できなくても仕方がない!と諦めてしまいましょう。

    ただし、1つ決めたらしっかり守る

    いろいろやらない替わりに、決めたルールは徹底して守るように心がけてみてください。もしそのルールが自然に守れるようになったら、次の方法へステップアップするのも楽になるはず。

    これだけ守ろう「物の置き場所を決める」

    言葉で書くと簡単そうですが、整理整頓ができなくて悩む場合のほとんどは、「買ってきたものをどこにしまえばいいか分からない」ことです。

    「とりあえずここに置いておくか…」が積もり積もってしまうと、部屋はゴチャゴチャに。まず、「何をどこに置くか」を決め、徹底して守りましょう。

    また「置き場所が決まらないものは諦める/捨てる」ことを徹底してください。

    生活導線をおさらいしよう

    まず物の置き場所を決めるときに大切なのは、「自分の普段の生活で使うルート上に必要な物を置く」ことです。

    朝、起きてまず何をしますか?顔を洗ったらその次は?着替えるときは?など、自分の生活導線を見直してみましょう。

    ルート上に物を配置したら、動かさない

    生活導線を見直して、毎日の生活で必要なものが必要な物にある、という状態にしたら、そこから変更しないようにしましょう。

    たとえば、メイク道具は寝室にあるのにアクセサリーは別の場所にある、など、「出かける前の身支度グッズ」はひとまとめにしておき、そこに置き場を作りましょう。

    物を買うときは「置き場があるか?」を考えてから

    「物の置き場所を決める」ルールを徹底する、ということは、物を買うときに「どこに置くか」を考えるポイントになります。

    新しい本を買おうと思ったら同時に「新しい本の置き場」を考える
    新しい靴を買おうと思ったら同時に「どこにしまうか?」を考える

    これだけで物があふれることを防げます。

    置き場がなければ諦める/捨てるようにする

    物の置き場所を決め、「とりあえず置いておく」ことをなくすよう徹底しようとすると、置き場所がないけど欲しいもの、が出てきます。

    そうしたときに
    - 本当に買う必要があるか?
    - 今ある物の中で不要なものはないか?
    を考えるようにしましょう。

    「置き場所はないけど欲しいから買う」はこのルールに反してしまうので、はじめは辛いかもしれませんが、がんばって徹底してみてください!

    おわりに

    欲しいものを諦める、というのはなかなか辛いものかもしれませんが、そんなときは「使わないものの場所のために家賃の何%を払っているんだろう」と考えてみましょう。

    また、このルールを徹底することで「本当に必要な物がきちんと手元にある」という充実感を感じることもできるようになります。

    まずはこの1つのルールだけ徹底してみてはいかがでしょうか。

    (Photo by 足成

    このライフレシピを書いた人