\ フォローしてね /

しみじみ旨い照り焼きハンバーグの作り方

日本人として醤油の味はソウルフードではないかと思います。肉と醤油の相性は、日本人に生まれて良かったと思えるほど旨いです。

そこで今回は、しみじみ旨い照り焼きハンバーグの作り方をご紹介致します。

材料(4人分)

  • 合びきミンチ:650g
  • 卵:2個
  • 玉葱:大1/2個
  • パン粉:100g
  • 木綿豆腐:半丁
  • 塩:小さじ1/2
  • 胡椒:少量
  • ナツメグ:少量
  • ダシダ:小さじ2
  • オリーブオイル:適量
  • 醤油:大さじ4
  • 砂糖:大さじ2
  • 日本酒:大さじ2
  • みりん:大さじ2
ダシダ(韓国の調味料)は、ビーフコンソメかチキンコンソメで代用できます。

しみじみ旨い照り焼きハンバーグの作り方

STEP1:玉葱を切る

玉葱をみじん切りにします。

STEP2:玉葱を炒める

中火で加熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、油が温まってから玉葱のみじん切りを入れて弱火にします。

玉葱が透明になったら火を止め、そのまま冷まします。

STEP3:タネを混ぜる

ボウルにミンチと豆腐、卵、パン粉の半分50g、塩、胡椒、ダシダ、ナツメグを入れ、手で混ぜます。

手で混ぜる際、ビニール袋を手袋代わりにすると手が汚れません。
ここではパン粉を半分のみ使い、あとで残りの半分を使用します。

STEP4:玉ねぎを加えて混ぜる

ハンバーグのタネを混ぜ終わった後に、冷ました玉葱を入れて混ぜます。混ぜ終わったらタネを4等分します。

STEP5:パン粉を付ける

残しておいたパン粉を皿に広げ、ハンバーグのタネを上で転がしパン粉を付けます。

STEP6:成形する

真ん中を少しへこますようにして、ハンバーグの形に成形します。

STEP7:フライパンで焼く

中火で加熱したフライパンにオリーブオイルを引き、油が温まってからハンバーグを乗せ強火にします。

ハンバーグが大きいため、今回は2回に分けて焼きます。

STEP8:裏返す

強火で焦げ目が付くまで焼き、フライ返しで返します。

STEP9:蒸し焼きにする

水を入れて蓋をして中火で蒸し焼きにします。ハンバーグから出てくる肉汁が透明になるまで焼きます。

STEP10:余分な肉汁を捨てる

クッキングペーパーで余分な肉汁を吸い込ませて捨てます。

STEP11:ソースを入れる

今回は2回に分けて焼いていますので、フライパンに分量の半分にあたる酒大さじ1、みりん大さじ1、醤油大さじ2、砂糖大さじ1を入れ、弱火で煮詰めながらハンバーグに馴染ませます。

STEP12:完成!

皿に取り出して完成です。

作り方のコツ

STEP3でタネを作るとき、ハンバーグのレシピによって、粘りが出るまでよくかき混ぜるというのがありますが、筆者としてはハンバーグの焼き上がりが固くなるように感じるため、豆腐がよく混ざる程度に軽く混ぜます。

おわりに

豆腐が少し入っているので、ふんわりとした焼き上がりになります。また表面にパン粉をまぶしてありますので、照り焼きのタレがよく絡みます。

照り焼きなので、マヨネーズをかけても美味しいです。今回はもやしと玉葱をポン酢とダシダでソテーした付け合わせを作ってみました。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。