\ フォローしてね /

お金持ちじゃなくても馬主になれる!一口馬主になる方法

「馬主」この単語を聞いてあなたなら何を思い浮かべますか?

多くの方がまず真っ先に思い浮かぶのは「お金持ち」というワードだと思います。確かに馬主をやっている方は、会社経営をしている人がほとんどで、いわゆるお金持ちの方が多いのは事実です。しかしそのような大富豪以外の方でも馬主をやっている方は大勢います。

その方々は「一口馬主」というシステムを利用し間接的に馬主になっているのです。ここでは、誰でもほんの数万円で馬主体験ができる一口馬主になる方法についてご紹介します。

一口馬主とは?

馬主になるには

一口馬主とは1頭の競走馬に40人〜500人で共同で出資を行うという疑似馬主システムです。

本来、馬主になるためには以下のような基準をクリアしなければいけません。

  • 年間所得額が2年連続1,700万円以上
  • 総資産額が7,500万円以上
この他にも破産者や禁固刑以上の刑罰を受けた人は馬主になることができません。

一口馬主は参入しやすい

この点、一口馬主であれば参加のためのハードルも低く、数万円程度の資金で気軽に馬主体験をすることができるのです。

牧場を訪問することも可能で、実際に育成牧場を訪れ現場の方の苦労や知恵を知ることもできます。さらに選考次第ではご自身が馬の名付け親になることもあります。

しかし一口馬主は本物の馬主ではありません。「一口馬主クラブ」と呼ばれる法人を経由して間接的にその競走馬に出資しているにすぎないのです。そのため出資馬のレースを見に行った場合であって出資者全員が馬主席に入ることはできません。

クラブ馬主は馬主席に入れる人数が制限されています。

補償は充実している

各クラブでは、出資した馬がレースに出走する前に死亡したり競争能力を喪失するような怪我をした場合等には出資金を返還するという規約を設けています。

どの時期までが補償の対象期間に当たるかは各クラブごとに異なるので、各々で確認してみてください。

利益が出る確率は低い

競馬で勝つことはとても難しく毎年多くの馬が一度も勝利できずに現役を引退してきます。それはクラブ馬にとっても例外ではありません。高い出資金を払った馬でも全く賞金を獲得できないケースも存在します。

そもそも一口馬主は資産運用のためのものではありません。完全に娯楽と割り切って楽しんでみてください。

一口馬主クラブ

数あるクラブのなかで、どのクラブを選べばいいのか分からないという方がたくさんいると思います。ここでは、代表的なクラブを紹介したいと思います。

社台サラブレッドクラブ

日本最大級のサラブレッドクラブです。これまでにも数多くの名馬を輩出してきた名門中の名門です。馬主登録名は「社台レースホース」です。

代表的な馬としては、ダンスインザダーク、ステイゴールド、ネオユニヴァースなどがいます。

募集口数は40口からになっています。

サンデーサラブレッドクラブ

社台サラブレッドクラブと双璧をなす、日本最大級のクラブです。社台とサンデーは代表者が兄弟同士で常にトップクラブの座を争っています。馬主登録名は「サンデーレーシング」となっています。

このクラブは、オルフェーヴル、ブエナビスタ、ジェンティルドンナといった日本を代表するレベル競走馬を世に送り出してきています。

サンデーサラブレッドクラブも社台サラブレッドクラブと同様に募集口数は40口からになっています。

キャロットクラブ

社台クラブの弟分的存在です。キャロットクラブは募集口数が400口からなので初心者が参入しやすいクラブと言えます。馬主登録名は「キャロットファーム」です。

キャロットクラブは、ハットトリック、シーザリオ、トールポピーといったファンの多い馬たちを輩出しています。

参考リンク:キャロットクラブ

友駿ホースクラブ愛馬会

友駿ホースクラブは1966年に創立された歴史あるクラブです。馬名の最後に「シチー」がつくことで有名です。馬主登録名は「友駿ホースクラブ」です。

活躍馬にはタップダンスシチーやエスポワールシチーといった逃げの戦法を得意とする馬がズラリと並んでいます。

募集口数も500口からとかなり負担の少ないクラブとなっています。

ラフィアンターフマンクラブ

社台グループのライバル的存在です。代表者がちょっとした有名人で競馬好きの間ではとても人気があります。その代表の独特の相馬眼で世界中から選んできた馬に出資を募っています。

馬主登録名は「サラブレッドクラブ・ラフィアン」です。牡馬に「マイネル」、牝馬に「マイネ」の冠名を付けることでも知られています。

代表馬には、マイネルキッツ、マイネルラヴ、マイネイサベルといったかなり癖のある馬たちがそろっており一部で異常な支持を集めています。

募集口数は100口からです。

サラブレッドクラブセゾン

黒地に黄色の星といった特徴的な勝負服で有名なクラブです。放牧中の馬たちが見上げた夜空をイメージしてデザインされたそうです。

馬主登録名は「セゾンホースレース」です。「ドリーム」の冠名を付けることでも有名です。

活躍馬には、ドリームパスポートやドリームバレンチノとった馬がいます。

募集口数は200口の馬と400口の馬とに分かれています。

シルクホースクラブ

「シルク」の冠名で有名なシルクホースクラブです。最近サンデーレーシングと提携しリニューアルしたため2010年産の募集馬からはこの冠名をつけなくなったそうです。

馬主登録名は「シルク」です。シルクジャスティス、シルクプリマドンナ、シルクフォーチュンといった馬を競馬場に送り出しています。

参考リンク:シルクホースクラブ

ウインレーシングクラブ

定期的に活躍馬を輩出する中堅クラブです。「ウイン」の冠名がつくことでも知られています。Webサイトもキレイに作られています。馬主登録名は「ウイン」です。

活躍馬には、ウインクリューガー、ウインジェネラーレ、ウインバリアシオンなどがいます。

募集口数は400口からとなっています。

東京サラブレッドクラブ

毎年安定して活躍馬を輩出する優良クラブです。勝負服は赤地に白い星といった特徴的なデザインをしており、馬群の中でも愛馬の居場所をすぐ見つけることができます。馬主登録名は「東京ホースレーシング」です。

ドバイでも活躍をしたレッドディザイアは記憶に新しいのではないでしょうか?

募集口数は400口からとなっています。

G1サラブレッドクラブ

社台系列の新興のクラブです。できたばかりのため活躍馬はそこまで多くはありませんが、社台の牧場から力のある馬が選ばれてきているのでこれから楽しみなクラブの一つです。馬主登録名は「G1レーシング」です。

活躍馬には、パララサルー、スカイディグニティ、コレクターアイテムなどがいます。

募集口数は40口からで、1頭当たりの総額は1,000万円〜6,000万円となっています。

クラブ比較サイト

それぞれの一口馬主クラブの募集馬の募集価格やその利益率などを確認したい場合には以下のサイトを利用すると便利です。

参考リンク:一口馬主DB

手続き方法

STEP1:入会したクラブを選ぶ

まずは、入会したクラブを選んでください。好きな勝負服や血統で選ぶといいでしょう。迷った場合には上記のリストから選んでみてください。

STEP2:資料請求をする

クラブのWebページにあるカタログ請求のページにアクセスし資料を送ってもらいましょう。

ここでは「キャロットクラブ」を例に説明していきます。

STEP3:出資したい馬を選ぶ

届いた資料に同封されているリスト内の競走馬を選んでください。競走馬の血統馬、馬体、調教タイムなどはクラブのWebページで確認することができます。

STEP4:書類に必要事項を記入する

応募のための必要事項を記入しましょう。

記入が必要となる書類は以下の3つです。いずれも送られてきた資料に同封されています。

  • 入会申込書
  • 出資申込書
  • 預金口座振替依頼書

STEP5:応募する

必要事項を記入した書類を同封されていた封筒に入れて投函してください。これで手続きは完了です。

なお、人気馬の場合には抽選となることもあります。抽選の当落は多くの場合、書面により通知されます。

第1次募集で満口とならなかった馬については第2次募集が行われます。

おわりに

ここでは、一口馬主になる方法について紹介しました。

一口馬主になると今までとは違った視点で競馬を楽しむことができます。競馬好きの方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。