1. 料理
    2. たったの3ステップ!半熟煮たまごの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    たったの3ステップ!半熟煮たまごの作り方

    このレシピについて

    何個でも食べれてしまう超簡単な半熟煮たまごレシピです。

    用意するもの

    材料

    • たまご (1パック)
    • 水 (300ml)
    • しょう油 (100ml)
    • みりん (100ml)
    • 保存容器
    保存液は(水:しょう油:みりん)=(3:1:1)の割合で保存容器に合わせて増減してください。

    卵を茹でる時の道具

    • あみ

    簡単半熟煮たまごの作り方

    STEP1 保存液を作ります。

    鍋に水、しょう油、みりんを入れて一煮立たせ、最低ひと肌まで冷まします。
    冷まさなければならないので1番初めに作ります。

    温かすぎると保存液に付けている間に、半熟卵が普通の茹卵になってしまいます。

    STEP2 半熟ゆで卵を作ります。

    沸騰させた湯に、網でそっと卵を入れて7分茹でます。1番初めの卵を入れる時から7分です。最後の卵から7分だと半熟になりませんので要注意です。

    7分で火を止めて火から鍋を下ろし、卵を水に晒しながら手早く卵の殻を剥きます。

    手で卵をゴロンと落とし入れると、卵にヒビが入り、白身が出てきてしまうので、上手く半熟茹で卵ができません。画像のように網を使うか、お玉でそっと入れてください。

    STEP3 皮を剥いた卵を保存液に漬けます。

    保存液が冷めたら、皮を剥いた卵と保存液を合わせ完成です。

    保存液に皮を剥いた卵を3時間ほど漬けておくだけで、卵の表面に色はつきますが、美味しく頂くには、朝作って夜食べる、夜作ったら翌日食べた方が、味がより染みて美味しいです。

    おわりに

    たまごが特売の時によく作っています。
    いつも1パックで作りますが、2人家族なのに美味しくて2日で食べきってしまいます。

    使用する卵はなるべく新鮮な卵を使ってくださいね。2日ぐらいで食べ終えた方がよいと思います。

    (photo by tyorin)

    このライフレシピを書いた人