\ フォローしてね /

カツオ節たっぷり!里芋の煮物の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

ほっくりとした里芋は煮物にするのがやはり一番美味しいですね。ご飯のおかずにも日本酒のお伴にもぴったり。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもなりますね。

今回はカツオ節をたっぷり使った「里芋の煮物の作り方」を紹介します。薄味でも鰹だしが効いているので美味しいですよ。

材料(2人分)

  • 里芋 1袋(約360g)
  • 出汁鰹 1カップ(約10g)
  • 鰹削り節 1パック(2,5g)
  • 水 1カップ強
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 薄口しょう油 大さじ1

「里芋の煮物」の作り方

STEP1: 里芋の皮をむく

里芋の皮をむき、水につけ灰汁抜きをします。

芋の上下を平らに切り落として、上から下へ皮をむきながら1周するようにむくと仕上がりがきれいになります。

STEP2: 里芋の下茹でをする

鍋に水をはり里芋を入れて火をつけます。沸騰したらふきこぼれないように火をやや弱めて3分程茹でます。これでぬめりが取れます。ザルにあげて水気を切っておきます。

STEP3: 鰹だしを取る

鍋に1カップ強の水をはり沸騰したら、火を弱め少しさし水をします。だし鰹を入れて鍋が煮立ったら10秒ほどで火を止めます。

鰹だしは長く煮立たせないように注意。長く煮ると苦みなどが出てきます。

だし鰹が沈んだら、ふきんやキッチンペーパーでこします。

STEP4: 里芋を煮る

鰹出汁に砂糖、みりん、薄口しょう油を入れ里芋を煮ます。

煮立ったら落としぶたをして、弱火で10分程煮ます。

STEP5: 火を止め味をなじませる

竹串をさして中まですーっと通ったら、火を止めてそのまま味をなじませます。

完成!

器に盛り付け削り鰹をたっぷりかければ出来上がりです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。