\ フォローしてね /

『SAI』で絵を描こう! 便利な小ワザ・機能の使い方

今回は、SAIで絵を描くときにとても役に立つ小ワザ・便利機能をご紹介いたします。紹介する内容は以下のとおりです。

  • 1アクションでレイヤーを複製
  • 絵のフチに合わせて選択領域を作る
  • 白色を透明度に変換
  • 操作パネルを1キーで表示・非表示切り替え
  • どのレイヤーに描かれているか調べる
  • よく使うショートカットキー紹介
本記事は、2012年にSAI Ver.1.1をもとに執筆されたものです。

STEP1:1アクションでレイヤーを複製

SAIにはPhotoshopにあるような「レイヤーを複製」機能というものが、少しわかりづらいところにあります。

筆者はこの方法を知るまで、「全選択」→「コピー」→「新規レイヤーを作ってペースト」という方法をとっていましたが、これが馬鹿らしくなるくらい簡単です。

STEP1-1:コピーしたいレイヤーを用意

まず、コピーしたいレイヤーを用意します。

STEP1-2:新規レイヤーボタンにドラッグ&ドロップ

そのレイヤーを、『新規レイヤー』ボタンにドラッグ&ドロップします。

レイヤーが複製されました。

STEP2:絵のフチにあわせて選択領域を作る

STEP2-1:フチに選択領域を作りたいレイヤーを準備

この線画から選択領域を作ります。

STEP2-2:『Ctrl』を押しながらサムネイルをクリック

Ctrl』を押しながら、レイヤーのサムネイルをクリックします。

フチにあわせて選択範囲が作成されました。

STEP3:白色を透明度に変換

こんな素材を使いたいときに非常に便利です。

素材サイトなどで配布されている画像素材は、そのまま重ねると背景の白い部分が表示されてしまい、うまく合成できないものがあります。そんなときに白い部分を透明に変える方法です。

STEP3-1:素材のあるレイヤーを選択

選択します。

STEP3-2:『輝度を透明度に変換』を選択

レイヤー』>『輝度を透明度に変換』を選びます。

白に近いほど透明に、黒に近いほど不透明になります。

自由に加工しましょう。

STEP4:操作パネルを1キーで表示・非表示切り替え

Tab』キーを押します。

パネルがすべて非表示になりました。広い画面でのびのび描きたいときにどうぞ。もう一度Tabキーを押すと元に戻ります

STEP5:どのレイヤーに描かれているか調べる

レイヤーが増えてくると、「このパーツはどこのレイヤーだろう?」となることが多々あります。レイヤーのパネルで表示・非表示を繰り返して「これじゃない…これでもない…」とやるのは絵を描く人のあるあるネタだと筆者は思っています。

そんな悩みもこれで解決です。調べたいパーツにカーソルをあわせて、『Ctrl』+『Shift』キーを押しましょう。

こんなかんじにレイヤーの名前が表示されます。

STEP6:よく使うショートカットキー紹介

最後に、筆者がよく使うショートカットキーをまとめます。

  • Ctrl+C コピー
  • Ctrl+V ペースト
  • Ctrl+X 切り取り
  • Ctrl+Z 取り消し
  • Ctrl+A 全体を選択
  • Ctrl+Sift レイヤーを調べる
  • Tab ウインドウの表示・非表示を切り替え

そして、一番よく覚えて多様するべきショートカットキーがあります。それが…

Ctrl+S ファイルを保存

作業中はこまめにファイルを保存しましょう。保存を怠っていたせいで1日中描き続けていた絵がまっさらになってしまって画面の前で呆然とするのも、絵を描く人の哀しきあるあるネタです。消えるときは一瞬です。気をつけましょう。

SAIのダウンロードはこちらから。
Easy Paint Tool SAI

(image by 筆者)
(image by 亡き王女のための研究室(加工前提のゴシック系画像素材配布サイト))

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。