1. 趣味
    2. 女性の国内一泊旅行向け!荷物の事前準備とパッキングのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    女性の国内一泊旅行向け!荷物の事前準備とパッキングのコツ

    ついつい多くなりがちな旅行の荷物。スッキリ整理して、最小限のコンパクトな荷物で旅行を楽しみませんか?

    今回の行き先は東京。昼、大阪を出て夕方東京に到着。友達とごはんを食べ、翌日は都内でショッピングというホテル泊の一泊旅行に持っていくものを、筆者の実例とともにご紹介します。

    まず、最初にやるべきこと

    ホテルにあるものをチェックする

    アメニティが充実しているホテルも増えてきました。筆者は宿泊ホテルの情報が一覧になっているじゃらんのサイトなどを利用して、何を持っていけばいいか・何を持っていかなくてよいかの判断をします。

    バスタオル・ドライヤー・パジャマなどのかさばるものはホテルにあるので持っていきません。シャンプー・ボディーソープもホテルにあるので、持っていかないことにしました。

    上記以外にも、レディースパックや出張パックなどで備品の貸し出しを行ってる場合があります。チェックしてみましょう。

    パッキングのコツ

    STEP1

    旅行バッグの底には2日目に着る服を詰めます。ホテルで一番最後に取り出すものになるからです。

    しわになるものは一番最後につめます。

    STEP2

    次に洗面道具、下着の入ったポーチ、ハンドタオル、ストールを詰めます。筆者は、1泊旅行には基礎化粧品は使い切りの試供品を使っています。

    ハンドタオル:旅行先で何かと使えるハンドタオルは必需品。
    ストール:新幹線やレストランでの空調対策に。
    旅行用に洗面道具ポーチを作っておくと便利。洗面道具、基礎化粧品、コンタクトレンズ用品、常備薬などを常に一つのポーチに入れておいて、旅行前にチェック。なくなっているものだけ足せばOK。これで旅行の準備がぐんと楽になります。

    STEP3

    最後に、出発日の朝メイクを終えたあと、普段使うメイク道具、ヘアケア用品、携帯の充電器、しわになりそうな洋服をバッグの一番上に入れて荷物のパッキングは完成。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?荷物を選ぶコツは、旅行先での自分を想像してみること。使わなそうだな、と思ったら思い切っておいていってしまいましょう。意外となんとかなってしまうものです。

    (photo by http://www.ashinari.com/2012/02/06-357419.php)
    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ