1. コミュニケーション
    2. 会社の飲み会お誘いメールを送る時の例文

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社の飲み会お誘いメールを送る時の例文

    会社では、歓迎会・送迎会・忘年会・新年会等々、飲み会をする場が沢山ありますね。飲み会の際に、メールを送信する時のコツをご紹介致しますので、幹事の皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    ポイント1:箇条書きにする

    重要なポイント(開催の目的、日時、場所、参加費等)は、文章で書くよりも、箇条書きにした方が、分かりやすく、親切です。

    【例】

    「2013年 新入社員歓迎会のお知らせ」
    ・日時:2013年4月5日(金)18:00~20:00
    ・場所:個室和食 花の都(JR大阪駅徒歩1分)
    ・参加費:一人4,000円

    ポイント2:末尾には幹事の連絡先を載せる

    何か詳細について質問したい方や、急なキャンセルの際に、参加者がすぐに連絡できるよう、メールの末尾には、今回の幹事の連絡先を載せておきましょう。

    【例】

    ご不明点等何かございましたら、お手数ですが、
    【第一営業部 鈴木(suzuki@suzu.~co.jp)080-54××-84××】まで、ご連絡をお願い致します。

    ポイント3:キャンセルはいつまで可能かを記載する

    参加のキャンセルが出来るのは、いつまでかをお店に確認し、記載しましょう。参加しようと思っていたのに、仕事の都合等で急に行けなくなってしまう方のためにも、記載は必須でしょう。

    【例】

    参加キャンセルは、2日前(4月3日)までとなっております。
    それ以降はキャンセル料が発生してしまいますので、ご注意願います。
    キャンセルされる方は、
    【第一営業部 鈴木(suzuki@suzu.~co.jp)080-54××-84××】まで、ご連絡をお願い致します。

    ポイント4:地図を記載する

    会場までの行き方が分かりやすい場所を選ぶのはもちろんですが、地図をつけると分かりやすいでしょう。お店のHPやグルメサイトで検索すると、出てきますので、メールの本文に、URLを貼りつけても良いでしょう。

    「分からない方は、15分前に駅前広場で集合して下さい」等、工夫してみるのも良いでしょう。

    ポイント5:二次会の有無

    二次会の有無も、判明していれば記載しましょう。出欠をとる場合は、一次会のメールと合わせて連絡すれば、参加者も幹事も負担が少なくなります。二次会は、おおよその予算を載せておきましょう。

    おわりに

    飲み会のメールは、簡潔で分かりやすい文章を心がけましょう。幹事の皆さん、楽しい飲み会になるよう頑張ってください。

    (Photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人