\ フォローしてね /

知っておくと便利!タイの屋台で使えるタイ語

旅行の楽しみの1つは、おいしい物を食べる事ですよね。

この記事では、筆者がタイの屋台、食堂で注文した時に、覚えていて便利だった言葉を紹介します。

タイ屋台で間違いなく注文する方法!

調理方法・食材・味の組み合わせでOK!

屋台や小さな食堂に行き、メニューがないお店、あってもタイ語で読めない時でも、筆者はいつも食べたいものや、お店のオススメの料理を注文することができました。

理由は、タイ料理は、調理方法・食材・味を言うだけで注文でき、オススメの料理も、それを聞くだけでどんなものか大体分かるからです。

タイ料理に関するタイ語

1:食材

まずは、食べたいもの(食材)を伝えます。

  • 牛肉・・・ヌア
  • 豚肉・・・ムー
  • 鶏肉・・・ガイ
  • 魚・・・プラー
  • エビ・・・クン
  • イカ・・・プラームック
  • 野菜・・・パク
  • 春雨・・・ウンセン
  • 米・・・カーウ

2:調理方法

続いてどんな料理か(調理方法)を伝えます。

  • 混ぜた、和えたもの・・・ヤム
  • 炒めたもの・・・パット
  • 焼いたもの・・・ヤーン
  • 揚げもの・・・トート
  • 蒸しもの・・・ヌン
  • 煮もの・・・トム

3:味

最後にどんな味の物かを伝えます。

  • 甘い・・・ワーン
  • 辛い・・・ペット
  • すっぱい・・・プリアオ

麺類の場合

ラーメンを注文する時は、スープの有無、欲しい麺の太さを伝えました。

  • スープあり・・・ナーム
  • スープなし・・・ヘン
  • 極細麺・・・セン ミー
  • 細い麺・・・セン・レック
  • 太い麺・・・セン ヤイ

その他

「マイ ペット ナ」・・・辛くしないで下さい。

おいしくて同じ店に何度か行く事もありました。そこで、前回辛すぎたと思った料理を注文した時に使いました。もちろん、辛いのが苦手な方は、注文時にいつも伝えておきましょう。

「アロイ!」・・・おいしい!

どこのお店の人も、お客さんがどう思っているのか気になるみたいです。食べているとき、お店の人と目が合うことが多かったです。「アロイ!」と言うと、みんな笑顔でした。

「イム レーオ!」・・・お腹いっぱい!

おいしい物を食べて満足し、お店を離れる時に言いましょう。

おわりに

タイで料理を注文する時は、食材と調理方法と味を伝えれば大丈夫です!屋台や小さな食堂に行っておいしい物をたくさん食べて来て下さい!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。