\ フォローしてね /

サンドイッチを冷凍しておいしく手軽に食べるコツ!

朝食やランチに野菜も取れて手軽で美味しいサンドイッチを食べたい!でも中の具を準備したり、忙しい朝にはちょっと面倒くさいこともありますよね。だからといってコンビニで買うのも高くつきます。

あまり冷凍のイメージがないサンドイッチですが、中に挟む具を選べば冷凍でも美味しく食べることができます。

冷凍サンドイッチを作るコツ

しっとりパンよりはパサパサパン

サンドイッチに使うパンは挟む具によっては水分を吸ってしまうので、しっとりモチモチのパンよりはパサパサしているパンの方が向いています。勿論しっとりパンでも問題なく作れますが、上等なパンがあったら冷凍用ではなく普通に食べる用にした方が美味しく食べられると思います。

バター、マヨネーズなどをしっかり塗る

パンが水分を吸うのを防ぐ為にバター、マヨネーズなどをしっかり塗りましょう。普段は片方のパンにしか塗らないという人も両方のパンに塗るようにしましょう。

ラップはひとつずつしっかりと

まとめてラップせず、必ずひとつずつ小分けにラップしましょう。なるべく隙間ができないようにピッタリとくるみましょう。

向いている具材

基本的に水分の多い生野菜以外であれば何でも挟むことができます。一般的なサンドイッチの具以外でも、夕飯の残りのきんぴらや、コロッケ、カツ、唐揚げなどを挟んでも美味しいです。お弁当冷凍食品のカツなどを凍ったまま挟んでラップにくるんで冷凍庫に入れてしまうのも楽チンです。

向いていない具材

一般的に冷凍に適さないと言われている食材は避けましょう。

  • ポテトサラダ じゃがいもは冷凍するとスカスカになり美味しくなくなります。ポテトサラダを挟むのであれば完璧にじゃがいもが潰してあるものにしましょう。
  • ゆでたまご ゆでたまごを冷凍するとパサパサで美味しくなくなります。卵を使いたい時はスクランブルエッグにするか、しっかり潰してマヨネーズと和えた卵サラダにしましょう。
  • レタスやきゅうりを挟みたい時 きゅうりはなるべく細切りにしましょう。挟む時はパンの隣りにならないように挟みましょう。(例:パン、チーズ、レタス、ハム、パンの順番になるように挟む)

食べるとき

冷凍庫から出して4~5時間経っていれば食べることができます。朝取り出して職場や学校、お出かけに持っていけばお昼には食べられます。ランチボックスに冷凍したサンドイッチ、その隣りにフルーツを詰めればサンドイッチが保冷材代わりになります。

朝食べようと思っていたのに夜冷凍庫から出すのを忘れていた!急に食べたくなった!という場合は温かくても美味しく食べられる具材のサンドイッチを選んでレンジでチンして食べましょう。(カツサンド、コロッケサンドなど)

凍ったままトースターで焼いてもホットサンドのようになって美味しいですよ。

おわりに

冷凍したサンドイッチは1~2週間は余裕で食べられますので、休みの日などに作り置きしておくと楽チン、おすすめです。

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。