\ フォローしてね /

JINSが教える!「度数情報」の基礎知識

メガネを作る際に必要なものとして「度数情報」が挙げられます。

これは、あなたが掛けるメガネに必要な「レンズの度の強さ」のこと。

この「度数情報」があれば、どこのメガネ店でも(もちろんオンラインショップでも!)度付きメガネを作ることが可能です。

ここでは、度数情報の見方や、基礎知識をご紹介します。

本記事は、JINSのご協力により、2012年に執筆されたものです。

「度数情報」の見方

(記載例:JINSの保証書)

JINSや眼科からもらえる「度数情報」には、左右それぞれの目について、

  • 1.球面度数 SPH(Sphere)
  • 2.乱視度数 CYL(Cylinder)
  • 3.乱視軸 AXIS
  • 4.瞳孔間距離 P.D.(Pupil Distance)

の4つの情報と、「遠/中/近」が記載されています。

JINSオンラインショップでは「中」にチェックが入っているメガネはお作りすることができません。

1:球面度数 SPH(Sphere)

「S」と表記されていることも。数値の前に「-」「凹」がついていると近視、「+」「凸」なら遠視または老眼の程度がわかります。数値が大きいほど度が強くなります。

2:乱視度数 CYL(Cylinder)

「C」と表記されていることも。この数値で乱視の度合いがわかります。数値の前に「-」「凹」、「+」「凸」がつき、数値が大きいほど度が強くなります。

3:乱視軸 AXIS

「AX」と表記されることも。乱視の角度のことで、0°〜180°で記されます。必ず 2)の乱視度数とセットで表記され、乱視の矯正が必要ない場合は記載されません。

4:瞳間距離 P.D.(Pupil Distance)

左右の瞳孔の距離。単位は「mm」で左右別または合算で記されます。個人差はあるものの、男性は62-64mm、女性は59-60mmが合算の平均値です。

度数情報を登録する際、度が強い方や乱視の方はこの数値がズレると見えにくくなるため、初回の方はお店や眼科で確認することをお勧めします。

a:遠用(for distance)

「遠くを見るためのメガネ」であることを表しています。日常生活に使用するため「常用」と表記されることもあります。

b:近用(for reading)

「近くをみるためのメガネ」であることを表しています。デスクワークや読書用などで使うメガネを指すことが多いです。

コンタクトとメガネの度数は同じではありません!

メガネとコンタクトレンズでは、目とレンズの距離が違う為、細かい度数の合わせ方が変わってきます。

同じ度数でも、レンズ越しの見え方が異なることがありますので、メガネ用の度数を改めて確認することをお勧めします。

おわりに

なじみのない「度数情報」について知ることで、より手軽にメガネを購入ができるようになると思います。是非参考にしてみてくださいね!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。