1. 料理
    2. 野菜嫌いな子どもでも食べられる!ベジタブルハンバーグの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    野菜嫌いな子どもでも食べられる!ベジタブルハンバーグの作り方

    レシピについて

    子どもが苦手な野菜の代表格といえば、ピーマン・にんじんですよね。ですが、どちらも栄養価が高く、子どもにはぜひ食べさせたい野菜でもあります。

    そこで、執筆者は、ピーマン・にんじんを、子ども達の大好物、ハンバーグに混ぜ込むことにしました。よくある方法ですが、さらに栄養価を高めるため、つなぎに高野豆腐を使う工夫をしました。

    この栄養満点なハンバーグなら、子ども達も嫌いな野菜の存在に気付かず、喜んで食べてくれますよ。

    材料(2人分)

    • 合びきミンチ・・・150g
    • タマネギ・・・1/4個
    • ピーマン・・・1個
    • にんじん・・・Sサイズ1/2本
    • 高野豆腐・・・1個
    • 卵・・・1/2個
    • ケチャップ・・・大さじ2
    • マヨネーズ・・・大さじ1
    • ウスターソース・・・大さじ1
    • サラダ油・・・適量
    • 水・・・50cc

    ベジタブルハンバーグの作り方

    STEP1:高野豆腐を戻す

    高野豆腐を、たっぷりの水に浸けて柔らかく戻します。

    STEP2:材料を切る

    タマネギ・ピーマン・にんじんを一口大に切ります。高野豆腐も水気をぎゅっと絞り、一口大に切ります。

    STEP3:フードプロセッサーにかける

    合びきミンチ、STEP2の材料、卵をフードプロセッサーに入れ、野菜の形が分からなくなるほど、滑らかになるまで回します。

    STEP4:成型する

    2等分して形を整え、両手のひらでパタパタと空気を抜き、中央をくぼませます。

    STEP5:焼く

    フライパンにサラダ油を熱し、STEP4を中火で焼きます。焼き色が付いたら裏返して、裏面も同様に焼きます。

    STEP6:蒸し焼きにする

    裏面もこんがり焼けたら水を加えて蓋をし、弱火で7分ほど蒸し焼きにします。

    STEP7:ソース作り

    ハンバーグの中まで火が通ったら、ハンバーグを皿に取り出し、残りの汁に、混ぜ合わせたケチャップ、マヨネーズ、ウスターソースを加えます。

    混ぜ合わせながら半量くらいになり、とろみがつくまで煮詰めれば、ソースの出来上がりです。

    完成!

    ハンバーグにソースをかければ出来上がりです。ソースの味が濃厚なので、野菜の風味が全く気になりませんよ。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人