1. 料理
    2. 調理済ハンバーグの冷凍保存の仕方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    調理済ハンバーグの冷凍保存の仕方

    「調理済ハンバーグの冷凍保存の仕方」を紹介します

    子供も大人も大好きなハンバーグですが、ハンバーグソースを作るのは楽ですが、ハンバーグを作るのは、わりと時間がかかるため、頻繁に作るのって結構大変ではありませんか?

    そこで、作るときには大量に作って、食べたい時にサッと温めて食べられるように、焼いたハンバーグを冷凍保存してみてはいかがでしょうか。

    用意するもの

    • 調理済ハンバーグ
    • ラップ
    • フリーザーバッグ

    STEP1

    焼いたハンバーグを冷まし、冷めたらラップに包みます。

    必要な時に必要な分を解凍出来るよう、小分けにします。

    STEP2

    フリーザーバッグにラップで包んだハンバーグを入れます。日付などメモしておくと、パッと見てすぐ分るので便利です。

    STEP3

    冷凍庫に入れて冷凍保存します。

    冷凍保存期間は約1ヶ月です。多少保存期間が長くても日持ちしますが、味も風味も落ちてきますので、なるべく早めにお召し上がり下さい。

    解凍の仕方は、電子レンジで温めるか、自然解凍です。レンジで温める際は、温めたことにより水分が抜けてパサパサにならないよう、ラップをした状態で温めます。

    おわりに

    著者はいつもこの方法で、お弁当用のハンバーグなどを冷凍保存しています。冷凍食品のハンバーグも美味しいですが、自家製ハンバーグも、この方法で冷凍すれば、お弁当作りにもサッと使えて大変便利ですのでおススメです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人