1. 暮らし
    2. 意外と簡単!郵便局で収入印紙を購入する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    意外と簡単!郵便局で収入印紙を購入する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    国税庁により定められている「課税文書」に必ず必要な「収入印紙」。

    名前は何度か耳にしたことはあるけど、なかなか買うものではないからどうやって買えば良いのか分からない!という方は多いのではないでしょうか。

    馴染みのない物なのに、何となく人には「印紙ってどうやって買うんですか?」と聞きづらいものですよね。

    そこで、郵便局での収入印紙の購入方法を説明します。

    やり方

    STEP1:郵便局に行く

    最寄りの郵便局に行きます。

    最近ではコンビニでも取り扱っていますが、細かい金額を揃えていない店舗もあるそうです。確実に手に入れるのであれば郵便局で購入することをおすすめします。

    STEP2:郵便窓口に行く

    収入印紙を取り扱っている郵便受付窓口に行きます。

    筆者が足を運んだ代々木二郵便局では1,2番窓口が郵便窓口でしたが、郵便局によって異なるためあらかじめ確認しましょう。

    STEP3:順番を待つ

    筆者が買いに行った際は少々混んでいました。そのため、整理券を受け取り順番を待ちます。

    印紙を買うだけであれば大変短い時間ですが、それでも基本的に混んでいる際は郵便窓口の順番を待ちましょう。「印紙購入だけだから・・・」という理由で割り込んではいけません。

    STEP4:購入する額面の金額を用意する

    スムーズに購入できるよう、順番を待っている間にお金を用意しておきましょう。

    STEP5:印紙購入の旨を伝える

    筆者の番号が呼ばれました。窓口に行って印紙購入の旨を伝えます。今回は2,000円の印紙を購入するため

    2,000円の収入印紙を下さい

    と伝えました。

    STEP6:印紙を受け取る

    「え?それだけ?」

    と思うでしょう。これだけなのです。

    会社のおつかいで頼まれた場合は、領収書を貰うように言われなくても領収書を貰うようにしましょう。

    STEP7:完了

    外に出たら突然の豪雨。

    止むまで待ってから帰社すると「遅い」と怒られました。

    おわりに

    「収入印紙」というカッチリした名前ですが、意外とすぐに購入できるのです。上司からおつかいを頼まれても、思いつめる事はありません。

    率先して請け負うと、ちょっと社内での株も上がるかもしれませんね。

    (Photo by 足成)
    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人