1. コミュニケーション
    2. ドイツ旅行で最低限覚えておくべき5つの言葉

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ドイツ旅行で最低限覚えておくべき5つの言葉

    ドイツ語ってむずかしくないですか?

    現地の人と交流したいけど、言葉が不安・・・そんな人のために、ドイツ在住経験のある筆者オススメの覚えていくと絶対役に立つ5つの言葉をご紹介します。

    ドイツ旅行で最低限覚えておくべき5つの言葉

    1:Hallo! (ハロー!)/ こんにちは!

    コミュニケーションの基本は挨拶から。

    もちろん、Guten Tag! (グーテン・ターク / こんにちは)も丁寧でいいのですが、「ハロー」と笑顔で十分通用します。

    2:Danke! (ダンケ!)/ ありがとう!

    人に道を尋ねたとき、重いスーツケースを運んでもらったとき、やっぱりお礼くらいは現地語で言えるようにしておきたいですね。そんなときに使うようにしましょう。

    3:Bitte! (ビッテ!)/ どういたしまして、どうぞ、お願いします、など。

    覚えておくと便利なのがこの言葉。英語のPleaseにあたるものですが、いろいろなシチュエーションで使えます。

    Danke!とお礼を言われたら、まずBitte!と返しましょう。人に席を譲ったり、何かしてあげるときにも使えます。また、人にものを頼むときにこの言葉を付け加えると丁寧な印象になりますよ。

    4:Schuldigung!(シュルディグング!)/ すみません!

    ちょっと言いづらいので、簡単に「シューディグン!」で覚えてしまいましょう。これでも通じます。英語のExcuse me!にあたる言葉で、道で誰かに声をかけるときなどに使えます。

    5:Tschüss! (チュース!)/ さよなら!

    お店でものを買ったとき、店員さんからこう言われるかもしれません。軽い感じの「さよなら」です。日本語の「ちーっす!」と似ているので覚えやすいですね。

    おまけ

    6:Sprechen Sie Englisch ?(シュプレッヘン ズィー エングリシュ?)/ あなたは英語を話しますか?

    いざというときは、これで乗り切りましょう。たいていのドイツ人は英語を話せるので大丈夫だと思います。

    おわりに

    いかがでしたか?なにやら難解そうなドイツ語も、このくらいだったら旅行前に覚えられるのではないでしょうか。

    これを覚えるだけで、現地の人と会話が弾むこと間違いなし。あなたのドイツ旅行が、素敵なものとなりますように!

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ