1. 暮らし
    2. 揚げ物をする時、菜ばしを使って油の温度を確かめる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    揚げ物をする時、菜ばしを使って油の温度を確かめる方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    揚げ物をおいしくカラッと揚げるには油の温度が大切です。油の温度を計る専用の温度計や、温度計付きの鍋も売られていますが、菜ばしで温度を確認する方法を覚えておけば自宅以外で料理する時にも役立ちますのでぜひ覚えておきましょう。

    これであなたも「揚げ」のプロに!上手に揚げるならこちらもチェック!
    これで失敗ナシ!食材の揚げ方ハウツーまとめ

    油の温度の確かめ方

    揚げ油の温度は揚げるものによってだいたい低温(150度以下)中温(160~170度)高温(180~190度)に分かれます。

    低温(150度以下)

    菜ばしの先端からポツポツと泡が出てきます。芋類やレンコンなどの根菜のような低温でじっくり揚げる食材はこの温度で調理します。

    中温(160~170度)

    菜ばしの先端から低温の時と比べると細かい泡がシュワシュワと出てきます。唐揚げ、とんかつ、フライなどはこの温度で調理します。

    高温(180~190度)

    菜ばしの油に浸かっている部分全体から泡が勢いよく出てきます。冷凍食品やコロッケなどの中の具に火の通っているものはこの温度で調理します。

    一度に大量の材料を入れると油の温度が下がりますのでこまめに油の温度を確認しましょう。

    おわりに

    たったこれだけ覚えておけば油の温度は簡単に確認できます。やっぱり揚げ物は油の温度が命です。適正な温度で美味しい揚げ物を作りましょう。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人